【連載】ホンダNSX再考「プロドライバーの見解」動画レポート Vol.3

HONDA NSX

 

前回、袖ヶ浦フォレスト・レースウェイにて検証したレポーターの島下泰久氏。そこで得たNSXのドライビング術が本当に正しいものか、答え合わせも含めて、今回は2名の若手プロドライバーに試乗を依頼、その特性を探ることにした。2019年モデルの注目度が高い今こそ、現行型の真価を探るのも悪くないだろう。

 

REPORT◎島下泰久(Yasuhisa Shimashita)
MOVIE◎宮門秀行(Hideyuki Miyakado)
PHOTO◎篠原晃一(Koichi Shinohara)

 

 

アドレナリン出てきちゃいます!

 

前回はアマチュアドライバーを代表して、サーキットでのNSXを袖ヶ浦フォレスト・レースウェイで評価した。では、このNSXをプロドライバーはどのように走らせるのか。答え合わせという意味合いも込めて確かめてみることにした。

 

舞台はツインリンクもてぎ。週末にスーパーフォーミュラのレースを控えた金曜日にステアリングを握ってもらったのは、長期テストの第2回でも登場してくれた、スーパーGT300クラス参戦中のModulo KENWOOD NSX GT3のドライバー、大津弘樹選手だ。

 

サーキットでまず行なったのはタイヤ交換。販売店オプションのトラック用タイヤ、ピレリ P ZERO Trofeo Rに履き替える。

 

 

その他、取材の準備をしていたところで、ドコモ ダンデライアン チームからスーパーフォーミュラに参戦中の松下信治選手と遭遇した。実は松下選手とは、筆者が数年前、恥ずかしながら鈴鹿でFJ1600の練習をしていた頃(といっても本コースを走ったのは数度だけなのだが)に、F3に乗る直前の彼と知り合って以来の仲。せっかくだからNSXを試してもらうことにした。

 

NSXに乗るのは初めて、市販車でサーキットを走るのも実は初めてという松下選手だったが、走り出すと「おぉー、楽しいですねコレ!」と笑顔になり、その後も「楽しい」を連発。おかしな話だが、ちょっとホッとしてしまった。

 

「フォーミュラと違ってフワフワしているのかなと思ったんですけど、しっかりしててアドレナリンが出てきちゃいます。ただオーバーステア出たときの反応はフォーミュラとは違いますよね。もっと緩やかにタイムラグがある。フォーミュラはパーンとくるんで、逆にボクからすると予測しやすい。これ(NSX)はワンテンポあります。でも、面白いですよ」

 

フォーミュラドライバーは、こういう感覚で走っているのだ。筆者もまたフォーミュラ、乗るべきかも、というのは余計な話である。