【DEBUT】F1黄金期がモチーフの「ロータス エリーゼ カップ250 GPエディション」限定20台で登場!

2018/10/18 00:00

LOTUS ELISE

CUP 250 GP EDITION

 

ロータスからコレクターズアイテムになること必至の限定モデルが登場した。その名は「ロータス・エリーゼ カップ 250 GP エディション」。コーリン・チャプマン在りし日のチームロータスが、1972〜86年までを戦ったF1マシンをコンセプトに仕上げたという、なんとも魅力的なスペシャル・エリーゼ。早速その内容を見ていこう。

 

 

エリーゼ カップ 250 GP エディションのベースはエリーゼ カップ 250。ロータスのラインアップで「カップ」の名を冠する最新モデルだ。公道走行とサーキット走行の垣根を取り払い、普段の足にも使えるレースカーの資質を備えている。ロータスの開発チームは軽量化とパフォーマンス強化に重点を置き、最新のエリーゼで導入したアップデートを漏れなく採り入れてこのエリーゼ カップを造りあげた。すなわち、現在日本で販売されている従来のエリーゼとは一線を画するモデルがベース車両となっているのも特徴だ。

 

 

アップデートの代表例がエアロダイナミクス。軽量素材でできたリヤウイング、フロントスプリッター、リヤディフューザーは設計を一新、224km/h走行時に125kgのダウンフォースを生み出す。これにより、本来優れたコーナリング性能を一層向上させると同時にスタビリティを高めている。

 

 

エンジンは最高パワー248.4psを誇る総アルミ製1.8リッター直列4気筒DOHCスーパーチャージャー。わずか884kgの乾燥重量と相まって、0→100km/hを4.3秒で加速し、最高速度は約248km/hに達する。ヘセルの音響担当エンジニアは、ドライバーの高揚感を掻き立てるエキゾーストサウンドにチューンした。

 

 

足まわりの強化にも抜かりない。モータースポーツ仕様の超軽量鍛造アルミホイールにヨコハマADVAN A048 LTSタイヤ(フロント:195/50 ZR16、リヤ:225/45 ZR17)を組み合わせる。併せてフロント、リヤともにビルシュタイン製ダンパーとアイバッハ製同軸コイルスプリングを採用。ちなみに、ダンパーレートはエリーゼ スポーツおよびエリーゼ スプリントと比べると、コンプレッション側でフロント12%、リヤ9%、リバウンド側でフロント20%、リヤ30%へとそれぞれ高められている。

 

 

ブレーキ系統には、フロントにAPレーシング製ツインピストンキャリパー、リヤにブレンボ製シングルピストンキャリパーと、サプライヤーを使い分ける辺りは芸が細かい。ディスクは前後ともに288mm径クロスドリルドベンチレーテッドだ。

 

 

エリーゼは堅牢かつねじり剛性に優れたシャーシ構造の持ち主だが、250 GP エディションではT45スチール製ロールフープを装備して過酷なサーキット走行に万全を期す。ドライブ、スポーツ、オフの各モードをドライバーの意思で選択するESPを備えるのもサーキット走行を前提にした結果だ。

 

 

インテリアのハイライトは6速MTのオープンゲート。シフトリンケージを構成するアルミ製パーツを、ロータスのクラフトマンが細部まで美しく仕上げており、まさに工芸品と呼ぶに相応しい出来映えを誇る。エキシージ スポーツ 350で初めて導入し、エリーゼ用に最適化されたこのギヤボックスは、明快かつダイレクトな操作を実現、すばやく正確なシフトチェンジが可能だ。シートはブラックアルカンタラトリムに特別コントラストステッチを施したカーボン製レース仕様で、ロータスが自製する。

 

 

以上、メカニズムを中心にエリーゼ カップ 250 GP エディションの成り立ちを紹介してきたが、このスペシャル・エリーゼのもっともわかりやすい見どころはカラーリングにある。漆黒のボディカラーにゴールドのストライプとホイール。これはまさに1972年にエマーソン・フィッティパルディをワールドチャンピオンに導いたF1マシン「72」の再現だ。自宅のガレージのシャッターがゆっくり上がるに連れ、暗がりにうずくまる自分だけのジョンプレーヤースペシャルが姿を現す——想像するだけで胸が高鳴る。

 

 

ロータス・エリーゼ カップ 250 GP エディションは全世界で40台の限定生産。日本にその半数の20台が導入されるのはインポーターの努力の結果であり、ロータスが日本市場を重視している証拠だ。本日10月18日より販売が始まる。価格は896万4000円。納車は11月の予定。

 

 

TEXT/相原俊樹(Toshiki AIHARA)