【TOPIC】ロンドンにジェームズ・ボンドのアストンマーティン、7台現る。

2018/10/22 11:55

Global James Bond Day

 

 

これほど羨ましいイベントはないだろう。10月上旬、ボンド・カーが7台が集結したというのだ。これはロンドンで開催されたグローバル・ジャームス・ボンド・ディなるイベントで、アストンマーティン自らがサポートし実現したというもの。しかも映画で使われた実際のロケ地や観光スポットにボンドカーが現れたというのだから007ファンにとってはたまらないイベントとなった。

 

 

ましてやパークレーンにあるアストンマーティンのディーラーでは、「ダイ・アナザー・ディ」で使用したボンネットに銃を搭載するヴァンキッシュと記念撮影ができたり、ドーバー・ストリートにあるアストンマーティン・ワークスにあるヘリテージショールームでは「慰めの報酬」に登場した、あの傷ついたDBSが展示されたりという充実ぶりだ。

 

 

その一方、ロンドン映画博物館でも「カジノ・ロワイヤル」でシーンを飾ったDBSを展示したほか、過去最大規模のオリジナル・ボンド・カーの公式コレクションまで見られたという。これまで007シリーズには、11作品にも及ぶアストンマーティンが登場しているが、ここまでの大々的に行うとは素晴らしいイベントである。

 

 

こうしてアストンマーティン・ラゴンダ社が協力し、盛大に盛り上げるとは文化活動にも熱心な証しだ。先ごろ、Dr.アンディ・パーマーCEOは英国でもっとも知名度の高い指導者と功績が評価されるネビル・ベイン博士記念賞を受賞したばかりだが、けっして売上至上主義ではないという証拠だろう。その心意気には感心させられる。