【動画】4ドアスポーツの真骨頂「メルセデスAMG GT 4ドア クーペ」の衝撃!

Mercedes-AMG GT 4Door Coupe

 

REPORT/島下泰久(Yasuhisa SHIMASHITA)

 

 

最大のライバルは、ポルシェ・パナメーラ!

 

メルセデスAMG GTのイメージを継承しつつも、オールアルミ製ではなくスチール主体の、まったく別の設計とされたテールゲート付きの4ドアクーペボディに、「63S」、「63のV型8気筒4.0リッターツインターボと「53」、「43」の直列6気筒3.0リッターターボ+電動スーパーチャージャーISGという大きくふたつのエンジン、そしてAMGパフォーマンス4MATICと呼ばれる電子制御式AWDシステムを組み合わせるのが「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」である。

 

 

車名からはAMG GTの4ドア版を想像するが、成り立ちを見れば、実はまるで別物。2ドアのAMG GTが911キラーとして生み出されたように、この4ドアクーペがパナメーラを仮想的としているのは明白。しかしながらその走りは、より真摯にスポーツカーとしてのパフォーマンスを突き詰めたものだった。

 

それをハッキリと示していたのが、試乗の拠点となったCOTA(サーキット・オブ・ジ・アメリカ)のパドックに置かれていたホワイトボディである。眺めて、目が点になった。確かに基本はスチール製モノコックではあるのだが、その前後、床下にはこれでもかというほどのアルミ鋳造部品、各種ガゼットにクロスメンバー、さらにはCFRP製のリヤファイアウォールにラゲッジフロアなどが組み込まれて、徹底的に補強されていたからだ。特にリヤストラットを何本ものステーが支えている所などは、まさに見栄えより何より性能を追いかけたという感じが濃厚で、このボディは現場で鍛えられたに違いないと容易に確信させた。そして俄然、走りが楽しみになってきたのだ。

 

 

まず乗ったのは「GT 63S 4MATIC+」。シャシーには4輪エアサスペンション、電子制御式LSD、後輪操舵機構などを組み合わせ、21インチのタイヤ&ホイールを履くこのクルマで街中を走り出した時点で、予感は確信に変わった。この車体、剛性感が半端ないのだ。ハードにセットされた足まわりからの容赦ない突き上げを、事もなげに受け止め、短いストロークの中でサスペンションがしっかり仕事をしているのがリアルに感じ取れる乗り心地は、テールゲート付きのボディだとはにわかに想像し難いほどである。

 

しかもステアリングの操舵感が、CLSやEクラスとはまるで別物。同様に高いボディ剛性が作用しているのだろう。実にイキイキとした手応えが返ってくるから、日常使用の範疇でも走りの充足感はとても高い。とはいえ、もちろん本領を発揮するのは全開で攻め立てた時である。COTAでのサーキットランは、DTMレジェンドのベルント・シュナイダー氏の先導による走行だったのだが、これが本当に心の底から楽しめた。