【DEBUT】マクラーレン初のハイパーGT「スピードテール」公開!《動画あり》

McLaren Speedtail

マクラーレン スピードテール

 

REPORT/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)

 

 

まさに「機能」と「美」の両立!

 

イギリスのロンドンからも比較的容易にアクセスできるウォーキングという街に、マクラーレン・グループは現代的な社屋を構えている。今回この地を訪れたのは、マクラーレンから新型アルティメット・シリーズとなる「スピードテール」を事前に内覧するチャンスを得たからだ。ちなみにマクラーレン、正確にはマクラーレン・オートモーティブのプロダクションモデルは、「スポーツ」、「スーパー」、「アルティメット」の各シリーズに系列化されており、その中でさまざまなモデルが存在している。スピードテールは、P1、P1GTR、セナ、セナGTRに続くアルティメット・シリーズの新作だ。

 

 

スピードテールの生産が行われるMPC、そしてP1もそうだったが、アルティメットシリーズでは、ペイントなど一部のプロセスを担当するMTC=マクラーレン・テクニカル・センターを簡単に見学すると、ようやくスピードテールを内覧する時間が訪れた。どうやらそれは、ここからさらにクルマを使って移動した場所にあるらしく、それがどこなのかを知られないためなのだろう、車中でアイマスクを渡されるという演出も用意されていた。

 

 

ここでスピードテールに関する、簡単なプレゼンテーションを受けることになったのだが、特に印象的だったのは、それが美しさとテクノロジー、そして速さというものを完璧に調和させることをコンセプトとしたモデルであるということ。その言葉を聞いて即座に考えたのは、ディーヴォの発表時に最高速戦争からの撤退を宣言したブガッティとの対比。現在デリバリーが進むセナも、またその前身でもあるP1も、いずれも究極のコーナリングマシンであることをコンセプトとしていたことを考えると、マクラーレンによる「最初のハイパーGT」と言い切るスピードテールの存在は非常に興味深く、またミステリアスにさえ感じる