【実録】4日間約1400kmに挑んだ「1956年式 ポルシェ550A 1500RS スパイダー」参戦記!

La Festa Mille Miglia 2018

ラ・フェスタ・ミッレミリア2018

 

ブレシア〜ローマを往復する1600kmにおよぶ都市間スピードレースとして1927年から1957年にかけて行われたミッレミリア。数々の伝説的なドラマを産んだこのレースの復刻版として1977年にイタリアで始まったクラシックカーによるレギュラリティラン、ミッレミリアの姉妹イベントとして1997年から始まった「ラ・フェスタ・ミッレミリア」が、10月19日に東京原宿の明治神宮からスタートした。

 

112台ものエントラントを集めた今回のトピックは大きくわけて2つ。ひとつは「ラ・フェスタ・ミッレミリア」の特徴のひとつでありながら、2011年の東日本大震災以来途絶えてしまっていた福島・東北ルートが念願の復活を果たしたこと。もうひとつはポルシェ70周年を記念してシュトゥットガルトのポルシェ・ミュージアムから4台のミュージアムカーが来日し、出走したことだ。しかも幸運なことに、ポルシェ ジャパンの七五三木敏幸社長のコ・ドライバーとして、4日間約1400kmにわたる冒険旅行に、1956年型の550A 1500RS スパイダーで参加することができたのである!

 

 

スタート地点となった明治神宮には朝から多数のギャラリーが集結。今回のエントラントで最も旧いモデルは1924年式のブガッティT22ブレシア。その他にも1926年式べントレー・スタンダード3リッターや1929年式アルファ・ロメオ6C 1750スーパースポーツなど27台もの戦前車が揃うのは、ラ・フェスタ・ミッレミリアならでは。

 

 

我々がドライブしたのは、1956年のポルシェ550A 1500RSスパイダー。シャシーナンバー「550-0064」をもつこの個体は、アメリカのプライベーター、デイヴィス・ニュートンにデリバリーされた後、彼の手で1957年から59年にかけて北米SCCAシリーズに参戦した履歴をもつ。1982年にポルシェ・ミュージアムが購入し、このほどレストアが完成したばかりという。

 

 

ミッドシップにマウントされたエンジンは1500ccの空冷フラット4、4カム(DOHC)ユニット。わずか550kgの車重に対し135psのパワーと146Nmのトルクを発生する。50年代のポルシェを代表するレーシング・エンジンのひとつだが、低回転域でのトルクも厚く、非常に扱いやすい印象。ただしエキゾーストノートはすさまじく、車内での会話は難しい。

 

関連ニュース