【初試乗】ニュル最速記録を飾った「ランボルギーニ アヴェンタドールSVJ」に驚異を見た!

Lamborghini Aventador SVJ

ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ

 

 

伝説の名「J」は伊達ではない。

アヴェンタドールSVJは、あの幻のランボルギーニ「J(JOTA=イオタ)」の血筋を引く限定モデル。アヴェンタドールSにパワーアップと軽量化を施しただけでなく、ウラカン・ペルフォルマンテでデビューした可変空力システムのALA(Aerodinamica Lamborghini Attiva)を採用することで、先ごろニュルブルクリンクで量産車最速タイムの更新に成功した、史上最強のランボルギーニである。

 

 

そのアヴェンタドールSVJにかつてF1ポルトガルGPが開催されていたエストリル・サーキットで試乗した。最初のセッションでは、インストラクターの勧めに従い、サーキット走行向きのコルサ・モードをチョイス。試乗スタイルはいわゆるカルガモ方式だが、今回はインストラクター車1台に対してメディア関係者が操る試乗車は1台と、きわめて贅沢なスタイルとされた。

 

 

ドライバーの背後に巨大なV12エンジンを積むアヴェンタドールは重厚なスタビリティ感が特色のひとつ。SVJの車重はアヴェンタドールSより50kg軽い1525kgと発表されているが、コルサ・モードのどっしりと重い操舵力と相まってアヴェンタドール特有の重々しい感触はSVJでも変わらなかった。

 

 

もっとも、プラス30psを上乗せして770psを発揮するSVJのエンジンは、吸気バルブをチタン製とすることでカムシャフトへの追従性を飛躍的に高めた結果、高回転域でも優れた充填効率を達成。このためトップエンドで炸裂するパワー感はドライバーに恐怖感さえ覚えさせるもので、言葉では言い表せないほどの迫力がある。そうした回転域で自然吸気V12エンジンがまき散らすサウンドは、ドライバーが正気を失いそうになるくらい壮絶でスピード感に溢れている。このエンジンフィールがアヴェンタドールSVJにとって最大の魅力のひとつといって間違いないだろう。