【TOPIC】マックイーンも愛した「ベルスタッフ」と「マクラーレン」がコラボ!

2018/11/09 19:20

Belstaff ✕ McLaren

 

 

時代に左右されない機能美が特徴。

 

最近、勢いに乗る「マクラーレン」と、ライダースジャケットやフライトジャケットを得意とするイギリスのファッションブランド「ベルスタッフ」とのコラボレーションが発表になった。

 

クリエイティビティ溢れるこの2つのブランドがタッグを組むことで、それぞれのデザインフィロソフィーとノウハウが融合、ラグジュアリーなオリジナルファッションコレクションが出来上がった。その名前を「ベルスタッフ ✕ マクラーレンコレクション」という。

 

 

どのアイテムもエルゴノミクスに基づいたシームラインとストレッチファブリックを用いることで、ステアリングを握っているときはもちろん、日常生活のあらゆる動きに対応する。

 

このコレクションではメンズのアウターウェアを10種、レディースを3種揃える。どれも両ブランドのデザイン美学と革新的なマテリアルを駆使して、パフォーマンスヘリテージを形に表したアイテムばかりだ。

 

 

「カプセルワードローブ」をコンセプトに掲げ、時代に左右されないファッションの本質に重点に置き、機能性とエレガンスを兼ね備えている。

 

マクラーレンのラインアップ同様、ベルスタッフ ✕ マクラーレンコレクションは、精度の高いテクノロジーをシンプルな形態へと昇華、その機能をビジュアルに物語る。

 

カラーパレットをブラックとディープネイビーの2色に絞ったのもユニーク。ウィークエンドだけでなく、通勤にも着ていける柔軟性が狙いである。

 

 

「マクラーレンのデザインプリンシプルをクルマ以外のプロダクトに応用し、命を宿す過程を眺める、それは胸躍る経験でした」マクラーレンオートモーティブのデザイン担当ディレクター、ロブ・メルヴィルはこう語る。

 

ベルスタッフは100年近い歴史を誇る老舗で、卓越したクラフトマンシップが可能にするアウターウェアを提供。その優秀性は本当の価値を見抜く目を備えた著名人に認められている。事実、チェ・ゲバラ、スティーブ・マックイーン、初の女性飛行家アメリア・イアハートもこのブランドの愛用者だった。

 

 

レース界で50年にわたり活躍し、スーパースポーツとハイパーカーの世界で確たる地歩を築いたマクラーレンオートモーティブにとって、ベルスタッフは完璧なパートナーだ。2つのブランドが入念に吟味して完成させた、ベルスタッフ ✕ マクラーレンコレクションは、ドライバーをセンターステージへと導く。

 

メッシュによる良好な通気性、レーザーカットの縫い目、腕の動きを制約しないアームホール、快適にシートベルトを着用できるショルダーパッド、表からは見えないマイクロポケット、周辺視野を妨げないミニマムのネックラインなどは、ベルスタッフ ✕ マクラーレンコレクション独自の工夫。車内での快適性を考えたデザインだ。

 

 

ストレッチ素材はどんな動きにも追従する一方で、軽くて防水性と透湿性に富んだ素材はあらゆる環境にも対応する。

 

メンズとレディースのコレクションは、オールシーズンの「パフォーマンス シェルフィールド ジャケット、軽量ストレッチナイロンを素材にした「ライトウェイト ヒーロー ドライビングジャケット」、そして「ハイブリッド レザー ドライビングジャケット」の3つのラインから成り立つ。なお、1点ずつガーメントシリアルナンバーと「ベルスタッフ ✕ マクラーレン」と記したラベルが付く。

 

 

ベルスタッフ ✕ マクラーレンコレクションはヨーロッパと北米では11月6日より、アジア地域では2019年前半に販売がスタート。マクラーレンオートモーティブのディーラーとベルスタッフのストアに加えて、オフィシャルオンラインでも求めることができる。

 

高品質で機能性に優れたアウターウェアを求めるドライバーにとって、ヘビーローテーションになること請け合いのベルスタッフ ☓ マクラーレンコレクション。実物を手にできる日はもうすぐだ。

 

【公式サイト】

https://www.belstaff.co.uk/inside-belstaff/McLaren-collection.html

 

 

TEXT/相原俊樹(Toshiki AIHARA)