【NEWS】BMWが早くも「 M8」の開発に着手! エストリルでテストを開始。

2018/11/10 08:30

BMW M8

 

 

最高出力は600ps以上の可能性も。

 

BMWは、先ごろ日本でも発表したばかりの新型8シリーズクーペに続いて、早くも「M8」の開発に着手したことを公表した。この新型M8は、すでにWECやIMSAに参戦しているM8 GTEで得たノウハウを投入して造られる生粋のMモデル。すでにポルトガルのエストリル・サーキットでは初期のプロトタイプでテストが行われた。

 

 

パワーユニットは、M5にも積まれるV型8気筒ツインターボ。今のところは暫定と前置きしながら、最高出力は600ps以上になると公言。はっきりとはしないものの、M5よりパワーアップすることを匂わせている。これに8速Mステップトロニック=8速ATを組み合わせ、M xDrive=AWDで駆動。もちろん、M8はM5同様に必要に応じて前後駆動配分を調整し、2WDモードを選択した場合はドリフトをも可能にする。リヤアクスルにはMデファレンシャルが搭載され、0-100%のロック率を誇り、状況によって最適化を図る。

 

 

今回、公開された写真で確認することは難しいものの、エクステリアも当然ながらM仕立てとなる。前後トレッドはワイド化され、フロント側のエア吸気口は大型化、エアロダイナミクスに対しても万全だと胸を張る。また、シャシーも大幅に強化することも公表され、リヤアクスルには高剛性のゴムマウントを使用するほか、強化型のアンチロールバー、そしてフロントのダブルウイッシュボーンも剛性を高めているという。無論その狙いは、ダイナミックな走りを実現するためで、ドリフトモードが備わるように横剛性を高めることに重点をおいている。特にM8では、よりニュートラルステアへのアプローチにこだわっているようで、フロントエンドの剛性を大幅に高める策も採り入れているという。

 

 

基本AWDとしながらも、これだけRWD的要素を重要視しているだけあり、当然ながらM5にも搭載された電気機械式のMサーボトロニックも備える。正確かつ明確なターンに、状況に適した操舵トルク、さらにスポーツ走行だけでなく、日常的に扱いやすい設定に変更するなど、後輪ステアとともにドライビングを最適化するよう促す。

 

 

そのほか、ブレーキにはMらしくカーボンセラミックをオプションで用意。従来型のスチールディスクがフロント395mm、リヤ380mmという設定に対して、400&380mmに。ホイールも19インチを標準としながら20インチの選択もでき、その場合、銘柄こそ明記してはいないが高性能タイヤが装着されるという。

 

 

BMWとって「8」は特別だというだけに「M8」の登場は予想よりもだいぶ早かった。しかも、「M8コンバーチブル」、そして「M8グランクーペ」も開発に入っているというから楽しみだ。

 

 

【掲載 GENROQ Web】

https://genroq.jp/