【日本上陸】ジャガーの最強スポーツSUV「F-PACE SVR」上陸! ライバルに打ち勝つ高性能をアピール!

2018/12/19 17:50

JAGUAR F-PACE SVR

 

 

550psのパワーに、680Nmの最大トルク!

 

ジャガーが誇るスポーツSUVのF-PACEに最強仕様となる「F-PACE SVR」が日本でも発売されることとなった。

 

この「F-PACE SVR」は、同社のスペシャル・ビークル・オペレーションのSVOが手がけた、5リッターV8スーパーチャージドエンジンを搭載したハイパフォーマンスSUV。最高出力550ps、最大トルクは680Nmを誇り、最高速は283km/h、0 – 100km/h加速は4.3秒を実現する。

 

 

パワーアップに伴いシャシーも強化!

 

それだけにシャシー関連の強化も抜かりない。改良型のダンパーを採用し、ベネレートはフロントで30%、リヤは10%アップし、アンチロールバーを組み込んだ効果によりロール量を5%低減させることに成功。また、ブレーキ性能も強化され、ローター径は前/後それぞれ395/396mmと大型化されている。

 

 

また、トラクションとダイナミクスを最適化するEAD(リヤ・エレクトロニック・アクティブ・ディファレンシャル)をF-PACEとしてははじめて搭載することも話題だが、トランスミッションやアダプティブ・ダイナミクスなどの駆動システムを最適化、さらにエアロダイナミクスや冷却性能、高速安定性に寄与する専用パーツを多数装備しているのも特徴である。

 

 

もちろん、エクステリアも魅力的だ。最強モデルらしく、大型化されたエアインテークをもつフロントバンパーに、高いエンジン冷却効果を狙ったボンネットベント、高速安定性を可能とするフェンダーベントなど、機能面を意識した対策も随所に施されている。

 

 

さらに魅力が増した、F-PACE 2019年モデル。

 

それと同時に、F-PACEの2019年モデルは、全グレードにスマートフォンと連動するコネクティビティ機能などを標準化、さらにレーン・キープ・アシストを標準化するなど、買い得感が高くなっているのも注目だろう。その他にも、これまでオプションだったスエード・クロスヘッドライニングを全グレードに標準装備し、インテリアをグレードアップしている。

 

 

【F-PACE 2019年モデル 車両本体価格一覧(税込)】
F-PACE SVR 1272万円(5L/550ps)
F-PACE S 1001万円(3L/380ps)
ガソリンエンジン 664 – 819万円(2L/250ps – 300ps)
ディーゼルエンジン 656 – 748万円(2L/180ps)

 

 

【問い合わせ】

ランドローバーコール

TEL  0120-18-5568

https://www.landrover.co.jp/

 

 

おすすめニュース