【TOPIC】「ランボルギーニ愛」に溢れるクリスマス映像を公開。

最速のアヴェンタドールSVJに乗って登場した男とは?

 

ランボルギーニといえば、アヴェンタドール・・・。フラッグシップモデルという位置づけもさることながら、カウンタックから受け継がれた跳ね上げ式のシザーズドアによって分かりやすい「スーパーカー」ゆえに、大人のみならず子供をも虜にする存在だ。

 

 

そうした「ランボルギーニ愛」に溢れた子供に、クリスマス・イブに起こった奇跡を題材にした1本のビデオがYouTubeに上げられた。これはランボルギーニが制作したもので、クリスマス・プレゼントとしておもちゃ屋にランボルギーニのミニカーを探しに来た少年が主役。しかし、お目当てのものが無いとわかると・・・店主が一本の電話をする。

 

 

すると、ランボルギーニのファクトリードライバーであるマルコ・マッペリ(Marco Mapelli)がアヴェンタドールSVJのエンジンをスタートし、おもちゃ屋の前に登場。この子供にアヴェンタドールSVJのミニカーをプレゼントする!という物語。

 

 

なんともクリスマス・イブに相応しい愛にあふれる映像である。日本で例えるなら、タイガーマスクの伊達直人といったところだろうか(知らない世代も多いかもしれないが)。

 

ちなみに、このマルコ・マッペリとは、アヴェンタドールSVJでニュルのラップタイム、6分44秒97という市販車最速記録を叩き出した張本人。無敵のタイガーマスクにも通じる(?)、事実上の強者と言えるかもしれない。