【NEWS】アストンマーティン、東京オートサロンに初出展!

Aston Martin DB11 AMR

 

DB11 AMRとヴァンテージを展示

 

アストンマーティンが、2019年1月11日(金)~13日(日)に千葉県・幕張メッセで開催される「TOKYO AUTO SALON 2019/東京オートサロン2019」への出展を発表した。アストンマーティンが東京オートサロンに公式参加するのは初となる。
 
今回、アストンマーティンは「AMR」を中心にしたプレゼンテーションブースを設置予定。AMRは、レースにおける伝統を重視し、モータースポーツからテクノロジーとインスピレーションを得て、マシン性能の強化を目的としたアストンマーティンのサブブランド。ベースモデルの動力性能を大幅に強化し、よりシャープなハンドリングとパワフルなデザインを与えることで、AMRはアストンマーティンのロードカーをさらに魅力的な存在へと昇華させると、同社は胸を張る。

 

 

アストンマーティン・レーシングからデイビッド・キングが来日

 

「東京オートサロン2019」のブースには「DB11 AMR」と「ヴァンテージ」を展示予定。間近でAMRをチェックする絶好の機会となりそうだ。また、アストンマーティン・レーシング代表取締役副社長兼、最高業務執行責任者のデイビッド・キングが来日し、プレスカンファレンスにおいてAMRブランドのプレゼンテーション、さらに日本国内におけるAMRの展開について説明する予定だ。