【TOPIC】アウディ、リヤシートをVR空間にするシステムを発表。

Audi e-tron

アウディe-tron

 

VRゴーグルを使用し、映画やテレビゲームを体験

 

アウディは、ラスベガスで開催される「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」において、新しい車載エンターテイメントを発表する。

 

今回、アウディはクルマの動きとバーチャルリアリティ(VR)コンテンツをリアルタイムで同期させるテクノロジーを公開。リヤシートのパッセンジャーは、VRゴーグルを使用することで、将来的に映画、テレビゲーム、インタラクティブなコンテンツを、より臨場感溢れる映像として体験できるようになる。

 

アウディは、子会社のアウディ・エレクトロニクス・ベンチャーGmbHと共にベンチャー企業の「ホロライドGmbH」を設立。この会社は、将来的にすべての自動車メーカーやコンテンツデベロッパーが利用可能なオープンプラットフォームをリリースし、新形態エンターテイメントの商品化を目指している。

 

 

「アベンジャーズ」のスピンオフムービーを制作

 

アウディは、ディズニーインタラクティブと共同でリヤシート乗員用のVR体験コンテンツ「アベンジャーズ:ロケッツレスキューラン」を制作。アウディe-tronのリヤシートに座ったパッセンジャーは、VRゴーグルをかけることによって、幻想的な宇宙空間の旅を体験することができる。

 

アウディe-tronは、「ガーディアンズ オブ ギャラクシー」が搭乗するスペースシップとなり、2019年の春に公開されるマーベル作品「アベンジャーズ/エンドゲーム」に登場する宇宙船と一緒に小惑星帯の中を進んでいく。しかも実車のあらゆる動きがリアルタイムでバーチャル映像に反映される。つまり、クルマが急カーブを曲がると、プレーヤーはバーチャルリアリティ内でスペースシップの反対側へと回り込み、加速するとスペースシップも加速するという訳だ。

 

 

A地点からB地点への移動がエンターテイメントに

 

アウディのデジタルビジネス責任者であり、将来的にホロライド社の最高経営責任者(CEO)に就任するニルス・ウォルニーは、今回の新技術について以下のようにコメントした。

 

「多くのクリエイターたちは、単なるA地点からB地点への移動を、真のアドベンチャー体験に変える世界を創造するために私たちのオープンプラットフォームを利用することになるでしょう。自動車、各種デバイス、コンテンツ制作者に対して協力的でオープンなアプローチを採用することによって、この新しいエンターテインメント分野を発展させることができます」

 

このプラットフォームを使用することで、アーケードゲーム、水中での冒険、宇宙探検から、歴史的な街や人体を探索する学習ゲームまで、その可能性は無限に広がる可能性がある。しかも、視覚的な体験とユーザーの実際の感覚が同期しているため、クルマの中で映画やテレビドラマ、プレゼンテーションの資料を見た時に起こる乗り物酔いの可能性も、大幅に減らすことができるという。

 

 

おすすめニュース