【ポルシェ図鑑】「ポルシェ718 F2 Typ 547(1959)」フォーミュラカーに生まれ変わった718。

1959  Porsche 718 F2  Typ547

 

 

1.5リッターF2規定のスタート同時に進出。

 

1953年に登場したポルシェ初の純レーシングスポーツ550スパイダーは、1956年に新設計の鋼管スペースフレーム・シャシーと改良を加えたリヤ・スウィングアクスルをもつ550Aスパイダーに発展。さらに1957年には軽量化されたスペースフレームと安定性に欠けると不評だったリアサスペンションをウィッシュボーンに変更した718RSKが登場する。

 

その後もレギュレーションの変更に合わせ、エンジン背後にトランクスペースを設けるためにシャシーを延長。ウインドスクリーンを大型化するなどの改良を施した1960年型の718RS60、1961年型の718RS61へと進化を遂げ、ポルシェのスポーツカーレース活動の屋台骨を支えていく。

 

一方、1957年から1.5リッターF2規定がスタートすると、ポルシェはフォーミュラレースにも進出するようになる。というのも当時のレギュレーションではオープンホイールでなくてもセンターコクピットのシングルシーターであれば参加が可能だったからだ。

 

 

そこで彼らは718RSKをセンターコクピットに改造。クーパー勢が席巻する1958年のF2選手権では、190psにチューンされた1498ccの空冷フラット4 DOHCを搭載したジャン・ベーラの乗る718RSK F2がランスとアヴスで優勝する快挙を成し遂げた。

 

 

ポルシェ名義では初のモノポスト・フォーミュラ。

 

1959年からF2がオープンホイールに限定されると、718をベースとしたTyp547という形式名のモノポスト・フォーミュラ(ポルシェ名義では初)を製作。F1との混走となったモナコGPではヴォルフガング・フォン・トリップスや女性レーサーのマリア・テレーザ・ディ・フィリップスがドライブしたほか、1960年にはワークスからジョー・ボニエ、ハンス・ヘルマン、グラハム・ヒル、ダン・ガーニー、ジョン・サーティース、イギリスのロブ・ウォーカー・レーシングからスターリング・モスといった面々が出走。ニュルブルクリンクでボニエ、インスブルックでヘルマンが優勝する活躍をみせた。

 

 

その後1961年からF1が1.5リッター規定に変わり1.5リッター時代のF2が廃止されると、ポルシェは718F2にクーゲルフィッシャーの機械式インジェクションを備えた787F1を製作し参戦。しかしながらトラブルが頻発したため、718F2をF1マシンとして投入されるようになるが、全輪ドラムブレーキと大きく重いシャシーは時代遅れで、1963年のドイツGPでの4位以外、思ったような成績を残せずに終わった。

 

 

 

リバプールにあるエイントリー・サーキットで1960年4月30日に開催されたXV BOAC 200レースで優勝したスターリング・モス。イギリスの名門プライベーター、ロブ・ウォーカー・レーシングのエントリーで、ワークスのジョー・ボニエとグラハム・ヒルもそれぞれ2位、3位に入賞している。

 

 

550Aのアップデート版というべき718RSK。写真は1957年にオーストリアのツェルトベクで行われたスポーツカーレースで優勝したヴォルフガング・フォン・トリップスのマシン。

 

 

1957年のル・マン24時間にエントリーしたウンベルト・マルオーリ/エドガー・バルト組の718RSK。1.5リッターながらトップと変わらぬタイムで総合11位を走っていたが12時間目にアストンマーティンとクラッシュしリタイア。

 

 

【SPECIFICATION】

ポルシェ 718 F2 Typ547
年式:1959年
エンジン形式:空冷水平対向4気筒DOHC
排気量:1498cc
最高出力:190hp
最高速度:250km/h

 

 

TEXT/藤原よしお(Yoshio FUJIWARA)

 

 

関連ニュース

おすすめニュース