【DEBUT】「レクサス LCコンバーチブル・コンセプト」をデトロイトで世界初公開!

LEXUS LC Convertible concept

レクサス・LCコンバーチブル・コンセプト

 

 

「LC」をベースにした流麗なクーペコンバーチブル

 

レクサスは、アメリカ・デトロイトで2019年1月14日から開催される2019年北米国際自動車ショー(North American International Auto Show 2019:デトロイトモーターショー)において、コンセプトモデル「LCコンバーチブル・コンセプト」を世界初公開する。

 

「LCコンバーチブル・コンセプト」は、レクサスが提唱するラグジュアリーライフスタイルの新たな提案として開発。2017年に投入されたフラッグシップクーペ「LC」とともに、レクサスのラインアップの頂点に君臨するオープンエアスポーツモデルになると見られている。

 

 

ルーフを閉じた時も損なわれない美しいスタイル

 

LCの独創的なスタイリングだけでなく、「より鋭くより優雅に」をコンセプトとする優れたドライビング性能も継承。コンバーチブルならではの自然との一体感や、気持ちの良いドライビングをもたらす。エクステリアはルーフの格納位置にもこだわっており、ルーフを開けた時だけでなく、閉じた時も流麗なサイドビューを実現している。また、優れた運動性能を予感させるべく、専用の大径22インチホイールを採用した。

 

公表されたディメンジョンは全長4760mm、全幅1920mm、全高1350mm、ホイールベース2870mm。ベースとなったLCからは全幅とホーイールベースが同一、全長が10mm短く、全高は5mm高くなっている。

 

 

いますぐ市販化されてもいい完成度

 

もちろん、コクピットはLCを継承しており、ルーフを開けた際の車外からの見え方も良さそうだ。ドライバーとクルマの一体感を醸成するドライビングポジションとし、ペダルやスイッチ類の配置、ステアリング傾角、シートのホールド性など、細部にまでこだわったレイアウトを実現している。また、インテリアのカラーも、ボディに合わせたホワイトとブラックによるシンプルなコーディネートが魅力的に映る。

 

「コンセプト」を名乗りながらも、エクステリアやインテリアはすでにクーペが存在するだけに、いつ市販化されてもおかしくない「LCコンバーチブル・コンセプト」。近い将来、正式発売のアナウンスがされると見ていいだろう。