【名作スーパーカー100選】File.01「ランボルギーニ・ミウラ」

Lamborghini Miura

ランボルギーニ・ミウラ

 

 

スーパーカーの始祖たる1台とは?

 

現在にまで続くスーパーカーの歴史において、その始まりにあるモデルは何か。スーパーカーのエンスージアストが集まると、よく繰り返されるのがこの話題だ。もちろん、その答えはさまざまだが、中でもとりわけ説得力のあるのは、ランボルギーニが1966年のジュネーブ・ショーで発表した「ミウラ」だ。

 

たしかにこのV型12気筒エンジンを横置きミッドシップするとともに、流麗なボディを組み合わせたミウラは、ランボルギーニの名を世界に轟かせるには十分なオーラを持つモデルだった。その存在はランボルギーニよりはるか先に高性能車を生産するビジネスをスタートさせ、またレースフィールドでも大活躍を見せていたフェラーリさえをも驚愕させる1台だったのは確かだろう。

 

 

1965年のトリノショーで公開された「TP400」。

 

ミウラの開発当時にランボルギーニ社を率いていた創始者のフェルッチオ・ランボルギーニは、ジャンパオロ・ダラーラ、そしてパオロ・スタンツァーニという若き才能が生み出したベアシャシーと、そこにV型12気筒エンジンを横置きミッドシップしただけの、いわゆるベアシャシーの「TP400」を1965年のトリノ・ショーに出品した。「TP400」とはイタリア語で、4リットルの排気量を持つエンジンがリヤに横置き搭載されることを意味していた。

 

ちなみにフェルッチオは、この段階に至ってもTP400の成功には確信を抱くことができなかったようで、当時チーフスタイリストがジョルジョット・ジウジアーロからマルッチェロ・ガンディーニに変わったばかりのベルトーネが美しいボディを組み合わせてもなお、それは30台ほどが生産される限定車としての価値ほどしか持たないだろうと考えていたようだ。

 

 

ランボルギーニを変えた「ミウラ」のデビュー。

 

だが1967年に市販がスタートしたミウラは、それまでのランボルギーニのイメージを一新してくれるほどの成功作となった。

 

1963年にアウトモビリ・フェルッチオ・ランボルギーニ社を設立したフェルッチオが、そのコアプロダクトとして位置付けたかったのは、高性能で、そして美しいGT(グランツーリスモ)であったのだが、ミッドシップスポーツのミウラが誕生したことで、ランボルギーニにはスポーツカーメーカーという新しいブランドイメージが生み出された。ミウラはスポーツカーの世界に新しいハイエンドを定義し、そしてランボルギーニの姿をも変えたのだ。

 

 

マイナーチェンジにより進化を続けた「ミウラ」。

 

最初のミウラ、すなわちP400に搭載されたエンジンは、3929ccのV型12気筒。最高出力は350psと発表されており、これで1075kgの車重を負担した。最高速は290km/hと発表されていたが、どうやらこれらのパフォーマンスはランボルギーニにとっては、ライバルの動きを見れば満足できるものではなかったらしく、ミウラはこのP400からさらに高性能化していく。

 

参考までに、1967年から1969年までに生産されたP400は475台ほど。そしてミウラはここから、マイナーチェンジによってさらに進化したP400S、そして最終進化型のP400SVへと進化を遂げていくことになる。

 

 

文/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)