ランボルギーニ・ポロストリコ、ジャン・トッドのミウラSVをレストア。

Lamborghini Miura SV

ランボルギーニ・ミウラSV

 

 

レトロモービルにレストア後のミウラSVを展示。

 

2019年2月6日~10日、フランス・パリにおいて開催中のヒストリックカーイベント「レトロモービル(Rétromobile)2019」にランボルギーニのレストア部門である「ポロストリコ」が手がけた赤いミウラSVが展示されている。

 

この特別なミウラSVはFIA会長のジャン・トッドが所有する1台であり、レトロモービルのランボルギーニ・ポロストリコ・ブースにおいて、ステファノ・ドメニカリCEOが参加しての引き渡しイベントが開催された。

 

 

1972年に南アフリカのオーナーにデリバリー。

 

シャーシナンバー「#3673」は、1968年に製造されたミウラSが事故で失われたあと、そのシャーシナンバーを引き継いで、1972年11月11日に製造された。様々な理由から同じシャシーナンバーを引き継ぐことは、当時のスポーツカーメーカーの間では珍しくはなかったという。これは新車に対して非常に高い輸入関税を課している国において、カスタマーを保護するという理由もあったようだ。

 

1972年、ロッソコルサ(真紅)のボディカラーにゴールドとブラックのインテリアが組み合わせられたミウラSVは、南アフリカ在住のオーナーにデリバリー。その47年後、ポロストリコにおいて完璧なコンディションにレストアされた。

 

 

13カ月にもおよんだ、ポロストリコでのレストア作業。

 

レストアには13ヵ月を要し、細かいパーツにいたるまで完全に分解された。この工程を経たことで、フレーム、ボディ、インテリアの各パーツは、マーキングからナンバリング、製造年月日まで、あらゆるディテールを検証することが可能になった。ポロストリコはランボルギーニ本社に保存されていたアッセンブリーブックと照らし合わせ、ナンバリングや日付を確認している。

 

トッドのミウラSVがサンタアガタ・ボロネーゼのファクトリーに到着した段階では、長年の経年劣化の形跡が各部に見られた。ポロストリコのテクニシャン達は、できるだけ余計な費用をかけないというポリシーのもと、パーツを安易に交換するのではなく修復することを心がけたという。

 

今回、レトロモービルの会場ではミウラSVに加えて、現在ポロストリコでレストア作業中の「400GT(#0592)」も展示されている。