ポルシェ ジャパン、2019年シーズンのモータースポーツ活動を発表。

Porsche 911 GT3 Cup

ポルシェ911 GT3 Cup

 

 

2019年もPCCJはスーパーGTと日本GPのサポートレースに。

 

ポルシェ ジャパンと「ポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)」委員会は、2019年シーズンのレースカレンダーを発表した。

 

911 GT3 Cupで争われる「ポルシェ カレラカップジャパン」は、「世界最速のワンメイクシリーズ」として知られ、現在日本国内で行われているワンメイクレース中、もっとも長きに渡り継続開催されている。19年シーズンも「SUPER GT」と「F1日本GP」といったビッグイベントのサポートレース開催を中心に、6イベント11戦によって争われる予定となっている。

 

 

「ポルシェ カレラカップアジア」と共催レースが2戦に。

 

2014年からはアジア一帯を舞台に争われる「ポルシェ カレラカップ アジア(PCCA)」も富士スピードウェイにおいてシリーズ戦を開催。エギシビジョンとしてPCCJとの混走レースを行っている。今シーズンは新たに5月の鈴鹿でも共催イベントを開催。この鈴鹿での2レースは、PCCJとPCCAが混走する初のシリーズ戦となり、PCCJ史上初めてローリングスタートを採用する予定となっている。

 

また、6月に行われる第7戦/第8戦は会場となる富士スピードウェイ全体をポルシェ ジャパンが占有し、「Porsche Sportscar Together Day 2019」と題した一大イベントを開催する。このイベントではPCCJ、PCCAとともに今年から新たにスタートするポルシェ ジャパン主催のレースシリーズ、ポルシェ スプリントチャレンジ ジャパン(PSCJ)も共催となり、日本で初めてポルシェによる3つのシリーズが同じレースウィークに開催されることになる。

 

 

 

Porsche 718 Cayman GT4 Clubsport

ポルシェ718ケイマンGT4 クラブスポーツ

 

「ポルシェ スプリントチャレンジ ジャパン」が新たにスタート!

 

今年からスタートする新しいレースシリーズ「ポルシェスプリントチャレンジジャパン」は、991.1型以前の「911 GT3カップ」を中心としたポルシェのカスタマーレーシングカーで争われるシリーズ。これまで開催してきた「ポルシェGT3カップチャレンジ」の流れを汲むレースとなる。PSCJは今年1月のデイトナ24時間でワールドプレミアとなったカスタマーレーシングカー「718ケイマンGT4クラブスポーツ」の専用クラスを設置して新シリーズとして生まれ変わる。

 

 

 

「718ケイマンGT4クラブスポーツ」は6月にデビュー。

 

「718ケイマンGT4クラブスポーツ」は3.8リッター水平対向6気筒エンジンから313kW(425hp)を発生し、6速PDK(ポルシェドップルクプルング)を採用するミッドシップレーシングカー。国内でのデビューレースは6月の「Potsche Sportcar Together Day」を予定している。「718ケイマンGT4クラブスポーツ」の価格を含めた詳細は、近々発表予定とのこと。

 

現在、「ポルシェ カレラカップ ジャパン」「ポルシェ スプリントチャレンジ ジャパン」では、2019年シリーズのエントラントを募集中。エントリーに関する問い合わせ窓口は、下記ポルシェカレラカップジャパン委員会となっている。

 

 

【ポルシェカレラカップジャパン】

1-2 4月13-14日 岡山
3-4 5月3-4日 富士
5-6 5月25-26日 鈴鹿
7-8 6月15-16日 富士
9-10 8月3-4日 富士
11 10月11-13日 鈴鹿

 

 

【ポルシェスプリントチャレンジジャパン】

1-2 3月31日 岡山
3-4 4月21日 もてぎ
5-6 6月16日 富士
7-8 7月7日 もてぎ
9 8月25日 鈴鹿

 

 

【問い合わせ】
ポルシェカレラカップジャパン委員会

TEL 0465-80-3808
http://www.carreracup.jp