伝説の宇宙飛行士、「ブガッティ・シロン」の加速に酔いしれる。

Bugatti Chiron

ブガッティ・シロン

 

 

抜群のロケーションを誇るケネディ宇宙センター。

 

ブガッティのエンジニアリングチームは、フロリダ州にあるNASAの「ケネディ宇宙センター」において、「ブガッティ・シロン」の直線空力テストを行った。さらにスペースシャトルの着陸が実際に行われていた滑走路において、伝説的な宇宙飛行士のジョン・マクブライドがシロンのステアリングを握っている。

 

「私はこれまで宇宙において、様々なスペースシップに乗船してきました。でも、ブガッティ・シロンでのドライブは、間違いなく私の人生におけるハイライトのひとつになるでしょう。本当に楽しかったです」と、マクブライドはテスト後に笑顔で語った。

 

シロンのようなハイパースポーツカーが空力テストを行う場合、距離、整備された路面、そして好天であることが求められる。これらの条件を鑑みて、ブガッティの技術者たちは「ケネディ宇宙センター」を選択した。実際、この滑走路は完璧なコンディションに維持されている上、この時期のフロリダは穏やかな気候で知られている。

 

 

宇宙飛行士も脱帽、シロンが誇る抜群の加速力。

 

スペースシャトル・オービターをバックに、シロンは0-100km/hまで、わずか2.4秒で駆け抜けて見せた。最高出力1500psの実力を、宇宙飛行士の前で見せつけたかたちだ。

 

「私はこれまでの人生で、かなりの加速力を経験してきたと思いますが、今日のシロンより強烈だったとは思えないですね(笑)」と、マクブライドもその加速力に驚きを隠さない。

 

2019年に創立110周年を迎えたブガッティは様々なイベントを計画している。今回、ジョン・マクブライド宇宙飛行士が経験したような素晴らしい企画がいくつか立ち上がっているという。その詳細は近日中にも発表される予定だ。