極上の「ポルシェ356スピードスター」、英国のオークションに出品。

公開日 : 2019/02/18 11:55 最終更新日 : 2019/02/18 11:55


Porsche 356 Speedster

ポルシェ356スピードスター

 

 

完璧なコンディションにレストアされ4000万円以上で落札か。

 

世界で最も貴重なポルシェのひとつ、オリジナルコンディションの「356A スピードスター」が、2月23日に英国コベントリーのストーンリーパークで開催されるシルバーストン・オークション主催の「レース・レトロ・セール(Retro Sale)」に出品される。

 

「356スピードスター」は、ポルシェ356のライトウェイトオープン仕様として登場したモデル。今回出品される「356A T2スピードスター」は、1958年製。完璧なコンディションにレストアされている上、右ハンドル仕様へのコンバージョンも可能。価格は28万〜32万ポンド(約4000万〜4500万円)で落札されると見られている。

 

 

現在も高い人気が続く356スピードスター。

 

シルバーストーン・オークションのマネージングディレクターを務めるニック・ウェイルは、356スピードスターが依然として高い人気を集めていることを指摘する。

 

「ポルシェのコレクターにとって、最高の1台を出品できることを心から嬉しく思います。過去数十年にわたり、356スピードスターは、世界中の愛好家やコレクターから非常高い人気を誇っています。最近ではレプリカも人気を集めていますが、今回出品するオリジナル以上の個体はありません」

 

 

軽量かつシンプルが貫かれた内外装。

 

356スピードスターの特徴は、軽量ボディ、取り外し可能な小型フロントウインドウ採用。サイドウインドウを外し、はめ込み式のビニールウインドウへと変更。インテリアもシンプルにまとめられ、大型の2スポークステアリングホイール、軽量レーシングスタイルバケットシート、ライトグレーのカーペット、革張りのドアパネル、アッパーダッシュボードなどをあつらえられている。

 

 

オリジナルのエンジンとギヤボックスを搭載。

 

アメリカで新車として販売された後、2015年にカリフォルニアのペブルビーチで開催されたオークションにおいて、現在の著名なコレクターが購入。オリジナルのエンジンとギヤボックスが搭載されており、整備記録も完備。外装のシルバー、内装のレッドレザーもオリジナルだと、ポルシェにより確認されている。

 

さらに初代オーナーから保管されてきたオリジナルのマニュアル、工具、ジャッキも含まれている。ちなみに、ここ数年は使用されずにガレージで大切に保管されていたという。イギリスに輸入後は、「JDクラシック」により右ハンドル仕様へのコンバージョンも可能となっている。