メルセデス AMG S65ファイナルエディション発表! 最後のV12搭載モデル。

Mercedes-AMG S65 Final Edition

メルセデス AMG S65 ファイナルエディション

 

 

大排気量&多気筒エンジンの最後を飾る130台。

 

メルセデスAMGは、限定130台で販売される「S65 ファイナルエディション」を発表した。長くメルセデスのトップレンジに君臨してきた6.0リッターV型12気筒ツインターボユニットは、この「ファイナルエディション」を持って生産を終了。多くのメーカーが大排気量&多気筒エンジンから撤退するなか、ついにメルセデスのフラッグシップもダウンサイジングに舵を切ったかたちだ。

 

ひとつの時代を象徴する「S65ファイナルエディション」は、ボディカラーにハイグロス仕上げオブシデンブラック、マットブロンズのエアインテットグリルを採用。足元は「20インチマルチスポーツホイール」を履き、エキゾーストパイプもハイグロス仕上げになる。また、Cピラーには「AMG」エンブレムが奢られた。

 

 

カッパーカラーとカーボン製トリムがアクセントに。

 

インテリアも最上のクオリティを追求しており、専用のブブラックナッパレザーには、カッパー(銅色)のステッチが入る。インストゥルメントパネルなどには、カーボンファイバー製トリムを採用。センターコンソールには限定130台のうちの1台を意味するシリアルナンバーが入る。

 

独立式のリヤシートは温度調整やリクライニング機能を備え、温度調節式のカップホルダー、ビジネスコンソールなどを装備する。

 

 

最高出力630ps、最大トルク1000Nmを発揮。

 

AMGモデルであることを示すエンジンルームの「One Man – One Engine」バッジは、通常のシルバーではなく、専用のブラックで仕上げられる。6.0リッターV型12気筒ツインターボユニットは、セグメントの頂点に立つに相応しい最高出力630ps、最大トルク1000Nmを発揮。最高速度は300km/hにまで達する。

 

また、この貴重な1台をガレージ内の汚れから守るために、仕様に合わせたカラーの「AMG S65 FINAL EDITION」の文字が刻まれたオーダーメイド「AMGインドアカーカバー」も付属する。