アストンマーティン、「DBS GTザガート」のデザインを公開!

Aston Martin DBS GT Zagato

アストンマーティン DBS GT ザガート

 

 

ザガート100周年を記念したプロジェクト

 

アストンマーティンは、イタリアのカロッツェリア「ザガート」の100周年を記念したニューモデル「DBS GTザガート」のレンダリングスケッチを発表した。このモデルは「DB4 GTザガート コンティニュエーション」ともに「アストンマーティン DBZ センテナリーコレクション」を構成する1台となる。

 

アストンマーティン DBZ センテナリーコレクションは、ザガート創立100周年を祝い、過去のアイコンに敬意を示しながらも、未来に向けた新たな“クラシック”を創り上げるユニークなプロジェクト。これはアストンマーティンとザガートの60年にも及ぶパートナーシップを、さらに拡大するための試みでもある。

 

 

DBSスーパーレッジェーラをベースに開発

 

DBS GTザガートのベースとなるのは、同社の最もハイパワーなDBS スーパーレッジェーラ。かつてのDB4 GTザガートの官能的なエクステリアを現代への蘇らせているべく、デザインはアストンマーティンのデザインチームとザガートが共同で行なった。

 

最も特徴的なデザインテーマは、DB4 GTザガートのアイコンでもあったダブルバブルルーフ。キャノピーの後端が伸ばされ、専用のリヤウインドウを採用したことで、ボンネットからフロントのウインドスクリーンを通り、ルーフ、リヤセクションまで流れるようなデザインが特徴。また、“ザガート”を強調するフロントグリル、ヘッドランプ、ホイールなどにも新デザインが採用されている。

 

 

 

Aston Martin DB4 GT Zagato Continuation

アストンマーティン DB4 GTザガート コンティニュエーション

 

DB4 GTザガートをサーキット専用車として完全復刻

 

このDB4 GTザガートは、復刻版モデルであるDB4 GTザガート コンティニュエーションとアストンマーティン DBZ センテナリーコレクションとしてセットで販売される。

 

DB4 GTザガートは、1960〜1963年にかけて「DB4 GT」をベースに、ザガート製軽量ボディを架装して19台が製造された。DB4 GTザガート コンティニュエーションは、DB4 GTザガートの外観やスペックを当時のままにサーキット専用モデルとして完全復刻する。

 

価格は2台で600万ポンド(約8億7000万円)と発表されており、歴史に敬意を評して19組の選ばれたオーナーのみに販売される。

 

 

 

ザガートとアストンマーティンの歴史を2台で表現

 

今回発表された、DBS GTザガートについて、アストンマーティンのチーフクリエーティブ・オフィサーを務めるマレク・ライクマンは、以下のように説明する。

 

「DB4 GTザガート コンティニュエーションは、世界で最も美しく、誰もがすぐに理解できるデザインを持っています。DBS GTザガートと2台が並んだ時に美しい調和を創り出すことは、手強い挑戦でもありましたし、同時に大きなモチベーションにもなりました。今回、アストンマーティンとザガート、両方のデザインチームがともに、この大仕事に取り組んでいます」

 

「DBS GTザガートは、DBSスーパーレッジェーラをベースにしたことで、現代のアストンマーティンであることを主張しながら、同時にザガートでしか表現できない存在感も持ち合わせています。そのセンセーショナルなエクステリアは、非常にレアなだけでなく、決して色褪せない過去のアイコンを現代に蘇らせたものです」と、ライクマンは付け加えた。

 

カスタマーへのデリバリー時期は、DB4 GTザガート コンティニュエーションが2019年後半、DB4 GTザガートは2020年後半を予定している。