アストンマーティン・ヴァンテージGT3、S耐開幕戦鈴鹿でデビューウィン!

公開日 : 2019/03/25 19:30 最終更新日 : 2019/03/25 19:30


Aston Martin Vantage GT3

アストンマーティン ヴァンテージGT3

 

 

安定したペースで2位に大差をつけてフィニッシュ!

 

ピレリスーパー耐久シリーズ第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝レースが、3月24日に鈴鹿サーキットで開催され、アストンマーティン・レーシングのパートナー・チーム「D’station Racing」のアストンマーティン・ヴァンテージGT3が圧倒的な強さで初戦を制した。

 

ヴァンテージGT3は、昨年10月にニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(北コース)で行われた「VLNシリーズ」、昨年12月にアブダビで開催された「ガルフ12時間レース」に続き、日本でのデビュー戦となった鈴鹿で早くも勝利を決めた。また、今回のレースはFIAによる正式なホモロゲーション取得後、初のレースでもあった。

 

「D’station Racing」のヴァンテージGT3(#777)には、ル・マン24時間レースで3回のクラス優勝を果たしているアストンマーティン・ワークスのダレン・ターナー、D’station Racing代表の星野敏、そして近藤翼の3名で参戦。決勝レースではレース中盤にライバルがアクシデントに見舞われるなか、常にレースの主導権を握り、2位に大差をつけて優勝している。

 

 

予選2番手からライバルをかわしてトップに

 

フロントローからスタートした近藤は、約1時間後に星野へとドライバー交代する段階で2番手をキープ。星野は並み居る強豪ドライバー相手に素晴らしい走りを披露し、ポジションをキープした状態で再び近藤にステアリングを託す。

 

近藤の2回目のスティントでは、2台のライバルが、下位クラスのマシンのオーバーテイクに手間取るなか、遂にヴァンキッシュGT3がトップへと躍り出る。その後、最後のダブルスティントを担当するターナーにドライバーを交代。鈴鹿サーキットデビューを果たしたこのターナーは、力強い走りで2回のスティントを走り切り、2位に大差をつけてチェッカーフラッグを受けた。

 

 

鈴鹿初挑戦のターナーが力強い走りを披露

 

「アストンマーティン・ヴァンテージGT3にとって、素晴らしいシーズンのスタートを切ることができました。このレースウィークは、ずっといいフィーリングを保つことができました。私は日本でのレースが大好きですが、今回初めて鈴鹿でレースをする機会を得ることができました。鈴鹿サーキットは、以前から走ってみたいサーキットのひとつ。そのサーキットで、ヴァンテージGT3を初優勝に導くことができて、これ以上の喜びはありません」と、ターナー(写真)はフィニッシュ後に喜びを語った。

 

「今回ががヴァンテージGT3にとって2019年の初戦となりましたが、世界中でも他のさまざまな選手権が開幕しようとしています。今回の勝利がアストンマーティン・レーシングで参戦しているすべてのチームにとって、活躍の弾みになることを期待しています」

 

 

D’station Racingとの素晴らしいコンビネーション

 

D’station Racing代表、ドライバーも務める星野敏は、レースを振り返って次のように語った。

 

「5時間はやはり長いレースでしたが、チームとマシンは完璧なレースを展開することができました。ダレンや翼と一緒にレースをすることができて、嬉しく思っています。また、今シーズン、D’station RacingがヴァンテージGT3で最初に勝利を上げたチームになることができて大変に光栄です」

 

アストンマーティン・レーシング社長のデイビッド・キングは、次のように付け加えた。

 

「ヴァンテージGT3が圧倒的なポテンシャルを示すことができて、大変嬉しく思っています。特に今回は、まったく新しいパートナーチームとともに臨んだデビュー戦であり、アストンマーティン・レーシングにとっても、久しぶりに参戦したレースでもありました」

 

「ヴァンテージGT3は、プロのドライバーだけでなく、アマチュアのドライバーでも高い戦闘力を発揮できるようにすることを目標にしています。今回の鈴鹿での結果は、このクルマの開発プログラムにおいて、我々がその目標を達成していることを証明しています。D’station Racingの勝利を祝福したいと思います。そして、ダレンが表彰台の中央に立つことができて本当に喜んでいます。素晴らしい勝利でした!」