コンチネンタル「SportContact 6」、ドイツ誌のテストで最高評価

公開日 : 2019/03/28 07:30 最終更新日 : 2019/03/28 07:30


Continental SportContact 6

コンチネンタル スポーツ コンタクト シックス

 

 

9つのライバルを圧倒する評価を獲得

 

コンチネンタルタイヤは、ドイツの自動車雑誌「sport auto」誌の最新号(4/19号)に掲載されたサマータイヤの評価テストにおいて、「SportContact 6(スポーツ コンタクト シックス)」が最高評価を獲得たことを発表した。

 

今回、ウェット路、ドライ路の両路面で発揮したバランスの取れた「SportContact 6」のスポーツ特性が高く評価された。「ウェット路における制動距離は一番短く、安全なアンダーステア、ドライ路においてスポーティでダイレクトなステアリングレスポンスと高い動的安定性、明確なフィードバック車両応答性、卓越した方向安定性がある」と、sport auto誌は評価した。
 
評価テストは、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの9つのタイヤブランドが対象となり、タイヤサイズは「245/30R20 Y」、テスト車両はホンダ・シビックType Rが使用された。9つのタイヤのうち、最高評価の「非常にお薦め」を獲得したのは「SportContact 6」のみ。その他のタイヤは「お薦め」がひとつ、その他のタイヤは「中程度のお薦め」と評価されている。

 

 

最高速度350km/hでの走行承認を獲得

 

「SportContact 6」はコンチネンタルタイヤのラインアップの中で、ウルトラ・ハイパフォーマンスタイヤに分類されるスーパースポーツタイヤだ。前モデルに比べて、ハンドリング性能、ステアリングレスポンス、高速走行性能が大幅に向上している。コンチネンタルタイヤの開発エンジニアは、路面で卓越した性能を実現するために、トレッドコンパウンドを改良、トレッドパターンも再設計し、タイヤ構造を一新した。

 

「SportContact 6」の日本での取り扱いは、19~23インチ、75アイテムを展開。最高速度350km/hでの走行承認がされており、数多くのスポーツカー、スーパースポーツカーメーカーに純正装着タイヤとして採用されている。