マクラーレン、開発中の「グランドツアラー」を公開!

公開日 : 2019/04/04 07:55 最終更新日 : 2019/04/04 07:55


「スピードテール」のDNAを共有するGTモデル

 

マクラーレン・オートモーティブは、現在開発中の「グランドツアラー」のカムフラージュ偽装を取り除いた走行テスト写真を公開した。「スピードテール」とコンポーネンツの一部を共用するこの「グランドツアラー」は、依然として偽装カラーリングが施されているが、その大胆でエレガントなフォルムの片鱗を伺うことができる。

 

「グランドツアラー」の開発はすでに最終段階に入っており、極寒・酷暑を含む様々な気候条件・地域での数1000マイルにおよぶテスト走行も行われてきた。このテストプログラムにおいて、「グランドツアラー」は長距離を快適に移動可能な性能を確保したと、マクラーレンは自信をのぞかせる。

 

開発チームはさらなる性能実証テストも計画。これはスペイン・バルセロナにある開発拠点から、約1000マイル(1600km)離れた、英国・ウォーキングの「マクラーレン・テクノロジーセンター」までのロングドライブも含まれる。この長距離テストでは、2名の乗員がラゲッジに荷物を満載の状態で走行。「グランドツアラー」に期待される快適な長距離移動を実現するためにも欠かせないテストとなる。

 

 

今年の5月に車名&スペックを含む詳細を発表

 

「グランドツアラー」は、今年のジュネーブ・モーターショーのプレスカンファレンスにおいて、マクラーレン・オートモーティブのマイク・フルーウィットCEOによって存在が明らかにされた。

 

マクラーレンが掲げる中期ビジネスプラン「Track25」に基づいて導入される4番目のモデルで、V型8気筒ツインターボエンジンをミッドに搭載。ゴージャスなインテリアや必要にして十分なラゲッジスペース、大陸を快適に横断できる走行性能に加え、これまでのGTセグメントにはなかった機敏なハンドリングを備えている。

 

「グランドツアラー」は、既存のシリーズの一部に組み込まれることなく、新たな車種として登場。車名やスペックなど、価格を含む詳細は、今年の5月にも発表される予定だ。