BMW、国内初のハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システムを導入


3シリーズを筆頭に2019年夏以降から順次搭載

 

BMWは日本国内モデルとしては初めて「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載した車両の開発を完了。2019年夏以降、順次日本に導入すると発表した。
 
「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」は、高速道路での渋滞時においてドライバーの運転負荷を軽減し、安全に寄与する運転支援システム。この機能では絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて、直ちにハンドルを確実に操作可能な状態にある場合のみ、ステアリングから手を離して走行ができる。

 

これは、「SAE International(Society of Automotive Engineers)」が定めるレベル2の段階。あくまでも自動運転ではなく、前方注視が必要となるなど、ある一定の条件が必要となっている。
 
2019年夏以降、「3シリーズ」「8シリーズ クーペ」「8シリーズ カブリオレ」「X5」に導入され、搭載対象モデルは順次拡大する予定だ。また、この機能を搭載した車両の認可取得後、工場生産オプション、またはBMW正規ディーラーで販売される車両アクセサリーとしても提供される。