漆黒を極めた特別仕様車、メルセデスAMG G63 Edition Matt Black

公開日 : 2019/04/16 11:55 最終更新日 : 2019/04/16 11:55


Mercedes AMG G63 Edition Matt Black

メルセデスAMG G63 Edition Matt Black

 

 

シックなマットブラックに統一された内外装

 

メルセデス・ベンツは、 新型「Gクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 Edition Matt Black」を発表した。5月12日までの帰化限定受注となり、納車は4月下旬以降を予定している。

 

メルセデス・ベンツGクラスは、1979年に最高級クロスカントリービークルとして誕生して以来、基本的なスタイリングや堅牢なボディはそのままに、常に最適のパワートレイン、装備を加えながら進化を続けてきたモデル。昨年6月には「Gクラス」の長い歴史の中で最も大きな改良を受けている。

 

エクステリアは、通常設定されていない特別仕様車限定カラーの「デジーノマグノナイト ブラック」に加え、22インチマットブラックホイールを採用。さらに、AMGナイトパッケージをあしらったことで、通常モデルではクロームが用いられる前後バンパーのアクセント、スペアタイヤカバー、 アンダーボディプロテクション等がブラックとなった。また、ウィンカーレンズ、ヘッドライト、リヤコンビネーションランプもダークティンテッド仕上げとなる。

 

インテリアに随所にカーボンインテリアパネルを採用することで、ブラックで統一されたシックで落ち着いた中に、AMGらしいスポーティな印象を与えている。

 

 

ベースはGクラス最強の「メルセデスAMG G63」

 

ベースモデルの「メルセデスAMG G63」は、オフローダーとしてのGクラスに、AMGのモータースポーツで培ったテクノロジーを搭載したトップパフォーマンスモデル。メルセデスAMG社が完全自社開発した、最高出力585ps(430kW)、最大トルク850Nmを発揮するAMG4.0リッターV8直噴ツインターボエンジン「M177」が搭載されている。

 

砂型鋳造されたクローズドデッキのアルミニウムクランクケースに鍛造アルミニウム製ピストンを組み合わせることで、軽量かつ高強度なエンジンを実現。また、シリンダーウォールにスチールカーボン材を溶射コーティングする「NANOSLIDE 摩擦低減加工」を施すことで、フリクションロスが大幅に低減している。

 

2基のターボチャージャーはV型シリンダーバンクの外側ではなく内側に配置する 「ホットインサイドV」レイアウト。エンジンを可能な限りコンパクトにするとともに、ターボチャージャーへの吸排気経路を最適化することで、優れたレスポンスを実現した。

 

また「メルセデスAMG G63」専用装備として、圧倒的なパフォーマンスに対応するAMG強化ブレーキ、コーナリング時やブレーキング時には、硬いスプリングレートに瞬時に切り替えることで、高い安定性と思いのままの俊敏なハンドリングを実現する「AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション」なども採用されている。

 

 

【車両本体価格(税別)】

メルセデス AMG G63 Edition Matt Black:2320万円

 

 

【関連リンク】

・メルセデス・コール

TEL  0120-190-610
http://mercedes-amg.jp