ミラノで「マセラティ・クラフト・イタリアン・エクスペリエンス」を展開

Maserati Levante ONE OF ONE

マセラティ レヴァンテ ONE OF ONE

 

 

マセラティと巡る、イタリアブランドの世界

 

マセラティは、イタリア・ミラノで4月9〜14日にかけて開催中の国際家具見本市「ミラノサローネ(Salone del Mobile)2019」に合わせて、様々な場所でマセラティの姿を表現した「マセラティ・クラフト・イタリアン・エクスペリエンス」を展開した。その中でイタリアの「プロダクト・オブ・エクセレンス」へのオマージュとも言える、新しいカスタマイゼーションプログラムを施したモデル「レヴァンテ ONE OF ONE」、初披露のジュネーブ・モーターショーに続き展示した。

 

今回展開された「マセラティ・クラフト・イタリアン・エクスペリエンス」は、ピナコテカ美術館のある有名なエリア、ミラノの歴史的中心部のブレラデザイン地区からスタートする。

 

ここにはイタリアを代表するワイナリーの副当主アレグラ・アンティノリ氏によってカスタマイズされ、ジュネーブ・モーター・ショーで初公開された「レヴァンテ ONE OF ONE」を展示。 この特別なレヴァンテは、マセラティのデザインチームによってアンティノリ氏の希望に従って完全に仕立てられた。

 

マセラティのカスタマイズ・プロジェクト第1弾であり、トスカーナの丘からインスピレーションを受けたグリーンから、ユニークな「ピエノ・フィオーレ」レザーシートやインテリアまで、アンティノリ氏のこだわりが細部まで表現されてる。

 

 

金属加工の匠「デカステッリ」の美しさ

 

「マセラティ・クラフト・イタリアン・エクスペリエンス」は、続いて「デカステッリ」の旗艦店へ。デカステッリは金属加工を得意とするメーカーで、家具のアクセサリー、表面およびカスタムプロジェクトの製造を専門としている。

 

サン・バビラ地区の中心部、コルソ・モンフォルテの旗艦店内では、金属表面の専門知識とマセラティのあらたなデザインへの意欲を組み合わせたときにどんな化学反応が起こるかを示している。

 

自動車の内部部品(ダッシュボードやペダル)に使用される際、その洗練された金属細工はスタイルとテクスチャーの魅力を加えることで、より精巧に仕上がる。そして、色調はイタリアの風景の豊かな色に影響を受けているという。

 

 

木工の「ジョルジェッティ」と生地素材の「アルカンターラ」

 

3番目は、ミラノのもうひとつの優雅なエリアでるポルタヴェネツィア地区の「ジョルジェッティ」へ。イタリアを代表する木工家具を展開するジョルジェッティは、その高い技術と独特なデザインの作品で知られているブランド。ここでは「クアトロポルテ」のダッシュボードインサートを見ることができる。 ジョルジェッティにおいて、マセラティコンポーネントにおける木材の中心的な役割が説明される。

 

4番目はミラノで最も高級なエリア、クアドリラテロ・デッラ・モーダ地区にスタジオを構える「アルカンターラ」。「メイド・イン・イタリー」のグローバルアンバサダーであるアルカンターラは、1972年に設立された企業だ。

 

アルカンターラは、感覚的、美的、そして機能的な特性を持つ、非常に革新的な素材。アルカンターラは非常に用途が広く、ファッションやアクセサリーから自動車、インテリアデザイン、そしてテクノロジーまで、さまざまな分野でトップブランドに選ばれている。今回の展示会では、両社のデザイン部門のコラボレーションから生まれた、マセラティ専用のインスタレーションを通じ、その独自性をより色濃く見せている。

 

 

「エルメネジルド ゼニア」では春夏コレクションを展示

 

「マセラティ・クラフト・イタリアン・エクスペリエンス」は、モンテナポレオーネ通り27/Eの「エルメネジルド ゼニア」のブティックで締めくくられる。ここではイタリアを代表するメンズラグジュアリーウェアブランドであり、マセラティのパートナーでもあるエルメネジルド ゼニアが2019年春夏の新しい「マセラティ カプセル・コレクション」を展示。コレクションの内容は、洗練された革製品、旅行用洋服、エレガントなアクセサリーなどが揃っている。

 

ジュネーブ・モーターショーにおいて、マセラティとエルメネジルド ゼニアは、先駆的な研究の結果として生まれた特別な織りナッパレザー「ペレテスータ(PELLETESSUTA)」を発表。この生地は、家具からマニア向けのアクセサリーまで、多岐に渡る製品を設計するのに理想的で、非常に用途が広くそして柔らかいという特徴を持っている。