フォルクスワーゲン ID. R、ニュルブルクリンクでの初テスト完了

公開日 : 2019/04/29 07:55 最終更新日 : 2019/04/29 07:55


Volkswagen ID. R

フォルクスワーゲン ID. R
 

 

2台の「ID. R」が持ち込まれた

 

フォルクスワーゲンが開発したフルEV(電気自動車)レーシングカー「ID. R」は、最新仕様発表後、すぐにロマン・デュマのドライブにより「ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェ(北コース)」での初テストを行なった。

 

今回、限られた占有時間を有効に活用するため2台の「ID.R」が持ち込まれ、20.832kmのコースにおける大規模なテストが完了。フォルクスワーゲン・モータースポーツは、この夏に行われるEVによる記録更新を目指し、システム最高出力は500kW(680ps)を誇る「ID. R」の最終準備を入念に進めた。

 

 

ブリヂストンの様々なタイヤを比較

 

フォルクスワーゲン・モータースポーツのスベン・スミーツ代表は、今回のテストを終えて以下のようにコメントした。

 

「今回のテストでは、事前に大規模なコンピューターシミュレーションに基づいて、『ID. R』の確認作業に取り組んでいます。予想はしていましたが、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェへの挑戦は、簡単でないことが明らかになりました」

 

「シャシーに関して、この非常に特殊なレーストラックに適応できていると言えます。そして、 エネルギーマネージメントもしっかりと機能していました。今回、予定されていたテストプログラムを進めながら、パートナーのブリヂストンが持ち込んだ様々なスペックのレーシングタイヤを比較できたのは収穫です」

 

 

GTマシンとは比較にならないコーナーリングスピード

 

本番のタイムアタックでも「ID. R」のステアリングを握るデュマは、今回のテストで手応えを感じたようだ。

 

「大好きなニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで、『ID. R』をドライブできたのは、最高の瞬間でした。特にコーナーリングスピードに関して、私がこれまでドライブしてきたGTレーシングカーよりも『ID. R』は格段に高いと言えます。コクピット内も非常に快適でした。これはこのサーキットにおいて、とても重要なポイントです」

 

「ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェは、我々がこれまでテストしてきたサーキットよりも距離が長いだけでなく、多くの危険なバンプも存在しています。そのため、このトラック特性に合わせて、足まわりと車高調整を行いました」

 

今回のテストをふまえて、フォルクスワーゲン・モータースポーツはさらにセッティングを進めて、本番のタイムアタックに挑む予定だ。