コーンズ主催「Passione Rossa 2019」フェラリスタを対象としたサーキットイベント

サーキットでフェラーリのポテンシャルを体感

 

4月24日、フェラーリの正規ディーラー「コーンズ・モータース」は、フェラーリ・オーナーを対象に、愛車の最高のポテンシャルを体感できるサーキット走行プログラム“Passione Rossa(パッシオーネ・ロッサ)”を富士スピードウェイで開催した。

 

このイベントは、プロドライバーをインストラクターに迎え、座学などのトレーニングとサーキット走行の二部で構成。「ドライビングスキルを磨きたい」「サーキット走行を楽しみたい」と、34台のフェラリスタが集り、丸一日の贅沢なドライビングエクスペリエンスを堪能した。

 

 

プロドライバーから参加者へ個別アドバイス

 

プログラムは、午前中に基本操作/加速&ブレーキ/アクセル/目線の移動と、4つの項目を体験。各項目でプロドライバーから参加者それぞれへのアドバイスを受け、ドライビングの習熟を目指した。

 

午後は座学から始まり、前半プログラムの復習の後、レーシングコースをプロドライバーの先導で参加者が走行。最後にプロドライバーがドライブするフェラーリに同乗し、プロの的確な走行を体感しながら自身の走りを再確認した。全プログラムを終えた参加者には修了証とドライビングカルテが授与されている。

 

コーンズ・モータースは、今後も最高のカーライフを楽しめるよう様々なカスタマーイベントを企画。次回の“Passione Rossa”開催は、10月26日(土)を予定している。