ロールス・ロイス ファントムに「プライバシースイート」を設定

Rolls-Royce Phantom

Extended Wheelbase

“Privacy Suite”

ロールス・ロイス ファントム

エクステンデッド・ホイールベース

“プライバシースイート”

 

 

歴史上の決定が行われてきたリヤキャビン

 

ロールス・ロイス・モーター・カーズは、「ファントム エクステンデッド・ホイールベース」のプライバシーとラグジュアリーを究極の水準まで高めた仕様「プライバシースイート」を日本に導入する。このビスポーク仕様のファントムは、5月18日(土)と19日(日)の2日間にわたり、コーンズ・モーターズが運営するロールス・ロイス・モーター・カーズ東京のショールームにおいて公開された。

 

過去90年間、ラグジュアリーの象徴として君臨し続けるファントム。これまで世界中の重要人物、つまり「プライバシーという贅沢」を希求する人々の心を強く捉えてきた。歴史上に存在する重要な合意・話し合いのなかには、ロールス・ロイスのリヤキャビンにおいて実現したものがいくつもあるという。

 

この特殊な条件に対する深い理解をもとにロールス・ ロイスが生み出した「プライバシースイート」は、機能性とラグジュアリーのバランスを取りながら、 後席のスペースや快適性については一切の妥協を排している。

 

 

ボタンひとつで視界を遮るエレクトロクロマチック ガラス

 

2018年に中国で行われた成都モーターショーで初めて発表された「プライバシースイート」は、ロールス・ロイスがラグジュアリーとテクノロジーの融合を重視していることを示す1台だ。

 

前後のキャビンをボタン操作によって互いに見えなくすることができるエレクトロクロマチック ガラスを装備。後部座席の操作により、このガラスのパーティションを通して前方への視界が開ける透明な状態から、不透明な状態へと瞬時に切り替えることが可能だ。きわめて高度なプライバシーを確保することができる。

 

「プライバシースイート」はまた、世界的に評価を得ているロールス・ロイスの吸音能面でも大きく進化しており、最高水準の遮音性を実現した。特定周波数に対応した複合材を採用することで、リヤキャビンの会話が前席へ漏れるのを防ぐとともに、必要な場合は完全内蔵式インターコムシステムによる連絡も可能。インターコムシステムは後席からボタンを押すとドライバーに直接つながるほか、ドライバーからも後席を呼び出せる。

 

後席のみから操作できる大型開口部が設けられており、書類などを前後キャビンの間で簡単にやりとりできる。開いた状態では、開口部にやわらかい光が当てられるため、差し出されたものが正しいものかどうかを確認することも可能だ。

 

「プライバシースイート」ではビスポーク リヤシアター エンターテインメントシステムも搭載。 同システムは、高精細12インチモニター2基とHDMIポートを備えており、このHDMIポートを使うことで持ち込んだ高セキュリティの個人用デバイスを同期させることも可能となる。

 

また、サイドウィンドウとリヤウィンドウを完全に覆うリヤプライバシーカーテンや、カーテンを開いた場合にもプライバシーを高めるリヤプライバシーガラスも追加されている。