マセラティ、トスカーナの名門ワイナリー「アンティノリ」と提携

26代、600年以上続くワイン製造の名家「アンティノリ」

 

マセラティは、最高品質のワインを手がけるイタリア・トスカーナの名門ワイナリー「アンティノリ」との提携を発表した。今回の提携関係は、妥協のない品質追求におけるイタリアンエクセレンスの体現という両社に共通する重要な価値観に基づいているという。

 

アンティノリ家は、1385年にジョヴァンニ・ディ・ピエロ・アンティノリがフィレンツェのワイン醸造業者ギルドに加盟して以来、26代、600年以上にわたってワインの製造を続ける名門ワイナリー。その長い歴史において、常にその事業の最前線に立ち続け、革新的かつ時として大胆な戦略を展開しながら伝統と環境に揺るぎない敬意を払ってきた。

 

 

Maserati Levante ONE OF ONE

マセラティ レヴァンテ ONE OF ONE

 

アレグラ・アンティノリのための1台を製作

 

マセラティは今回の提携発表に先立ち、3月に行われたジュネーブ・モーターショーでアンティノリの副社長であるアレグラ・アンティノリのためにカスタマイズした「レヴァンテ ONE OF ONE」を公開している。

 

このコンプリートカーの制作にあたっては、マセラティ・チェントロ・スティーレ(デザインセンター)がオーナーであるアレグラ・アンティノリ女史をサポートし、単なるアクセサリーの選定を超えた真の意味での「共同制作」を行っている。

 

今回のマセラティとアンティノリの提携により、両社に共通する価値観にインスパイアされたイベントや取り組みが実施される予定だ。