BMW M5 デビュー35周年記念モデル、350台限定で登場

2019/05/27 07:30

BMW M5 Edition 35 Years

BMW M5 エディション 35イヤーズ

 

 

スポーツセダンの世界に革命を起こした初代M5

 

BMW M GmbHは「M5」の登場から35周年を記念し、350台限定の特別仕様車「M5 エディション 35イヤーズ(M5 Edition 35 Years)」を発表した。

 

35年前、BMW Mは新たなカテゴリーを作り上げた。スポーツカーにも勝る運動性を備えた世界初のハイパフォーマンス4ドアスポーツセダン、初代「M5」はBMWが誇るミッドシップスーパースポーツのM1に搭載していた、3.5リッター直列6気筒ユニットを採用した。

 

M5は、登場以来、今に至るまで世界で最も成功したハイパフォーマンススポーツセダンとなった。現行モデルもBMW M GmbHにより、モータースポーツで培われた技術が積極的に投入され、最強のセダンの名をほしいままにしている。

 

 

ベースは現行モデル最強のM5 コンペティション

 

35周年記念モデルのベースとなるのは、歴代最強のパワーを誇るM5 コンペティション。最高出力460kW(625hp)/最大トルク750 Nmを発揮する4.4リッターV8ツインターボユニットを搭載し、トランスミッションは8速のMステップトロニックが組み合わせる。革新的なインテリジェント4輪駆動システムのM xDriveや、リヤアクスルを制御するアクティブMディファレンシャルも採用する。

 

ベースよりもさらにパワフルになったエンジンと熟成されたドライブトレインにより、適切なトラクション性能や抜群のドライバビリティ、優れたハンドリングを実現。また、0-100km/h加速は3.3秒、0-200km/h加速も10.8秒という、スポーツカーにも勝る加速力を実現する。

 

 

特別色のフローズンダークグレーⅡメタリックを採用

 

「M5 Edition 35 Years」のエクステリアを特徴付けているのは、BMWインディビジュアルが特別に仕立てたボディカラー、フローズンダークグレーⅡメタリック。足元には、専用設計のYスポークデザインをもつ20インチ M軽量アルミホイールを装着。ホイールカラーはグラファイトグレー仕上げとなる。

 

ホイールの奥に覗くMコンパウドブレーキシステムのキャリパーは、グロスブラック仕上げがチョイスされた。また、オプションのMカーボンセラミックブレーキシステムでは、ゴールドペイントのブレーキキャリパーも選択できる。

 

 

ブラックをベースにスタイリッシュなゴールドのアクセント

 

インテリアは、Mマルチファンクションシートに、BMWインディビジュアルによるメリノフルレザートリムという仕様。全体はブラックでまとめられ、インストゥルメントパネル、ドアトリム、センターコンソールは、ゴールド仕上げのアルミカーボンストラクチャーを今回初めて採用した。

 

また、ドアシルフィニッシャーには“M5 Edition 35 Jahre”の文字が刻印され、センターコンソールのカップホルダーカバーにはシリアルナンバーが刻まれた“M5 Edition 35 Jahre 1/350”のエンブレムが配される。

 

「M5 Edition 35 Years」は、全世界350台限定で、2019年7月から各国でデリバリーされる予定だ。