アウディ、ベルリンの「EUREF-Campus」地区にバッテリー蓄電ユニットを開設

Audi e-tron

アウディ e-tron

 

 

EVと電力網の間で発生する様々な相互作用をテスト

 

フォーミュラE選手権がベルリンで開催されるなか、アウディはドイツ最大の多目的バッテリー蓄電ユニットを、「EUREF-Campus(ベルリン中心部にあるシェーネブルク地区の再開発プログラム)」に開設した。この蓄電ユニットはアウディのEVモデル「e-tron」の開発車両で使用済みとなったリチウムイオンバッテリーを使用し、EVと電力網の間で発生する様々な相互作用をテストするために設置された。

 

 

2025年までにアウディの40%が電動車両に

 

アウディは、エミッションフリーを実現するために明確な目標を設定している。早ければ2025年には、新たに販売されるアウディの車両の約40%が電動化車両になる予定だ。これは、2020年代の半ばには、年間約100万台の電動化モデルを販売することを意味している。

 

電動化モデルの台数が増加するにつれて、車両に搭載するバッテリーという膨大な数の走るエネルギー貯蔵ユニットが存在することになる。これらのクルマが備えるエネルギー容量をインテリジェントに活用することで、非常に大きな可能性がもたらされるとアウディは考えている。

 

 

電力エネルギーを柔軟に活用するための施策

 

ドイツの乗用車の10台に1台が電気自動車になると、これは容量約200GWhの柔軟な蓄電ユニットに相当する。EVを再生可能エネルギーと接続することで、エネルギー移換に大きな可能性をもたらす可能性がある。つまり、太陽光や風力など利用可能なエネルギーに応じ、その発電した電力でクルマを充電することができる。

 

さらに、電力網の短期的な電力変動に柔軟に対応することも可能になる。アウディはこのビジョンを実現するために、例えばモビリティ・ハウス(Mobility House)といった、エネルギー産業のパートナー企業と協力している。

 

 

余剰電力を蓄えることで停電を防止することも

 

「EUREF Campus」に設置された蓄電ユニットは、約110平方メートルのエリアにおいて、多様な使用形態をテストするための実験室として機能。このユニットは、1MWの電力でベルリンの中電圧送電網に接続されているが、これは電気自動車200台分の充電量に相当するという。

 

1.9MWhの容量を備えたこの蓄電ユニットは、ほぼ2時間にわたって、蓄えた電力を5.5ヘクタールのオフィスと科学キャンパス全体に供給することが可能だ。

 

近くに設置されている最大175kWの容量のEV用急速充電ステーションも、使用形態のひとつ。高い電力需要を最もコスト効率に優れた方法で満たし、地域の電力網に過度の負担がかからないようにするために、このバッテリー蓄電ユニットはバッファー(緩衝装置)としても機能する。

 

電力網へのインテリジェントな統合によってこの蓄電ユニットは、風力および太陽光発電システム、「EUREF-Campus」独自の熱電併給プラントからの余剰電力を蓄えることが可能となる。これは送電網の変動を補正し、地域のピーク需要を相殺して、送電ネットワークを安定させることで、停電防止にも役立つ。

 

 

変動する電力需要の緩衝装置にEVを活用する試み

 

ベルリン周辺には、発電量の変動を伴う再生可能エネルギーによる発電所が数多く存在しているため、インテリジェントな充電コントロールを開発するには理想的な立地条件となる。将来的にアウディは増加するEVを電力網の緩衝装置として利用することを視野に入れている。

 

このプロジェクトのパートナー企業は「EUREF-Campus」において、余剰電力をどのようにして管理された方法で緩衝することができるかを示すため、風力発電所でモデル実験を行うことを目指している。これにより、一時的に過剰な電力が発生した場合でも、風力タービンの接続を電力網から外す必要がなくなるという。

 

この蓄電ユニットは、持続可能なエネルギー世界を実現するためのひとつのステップであり、アウディが2013年からヴェルルテの“power-to-gas(電力をガスに変換する)”プラントで実験を重ねてきた、大量の余剰電力を体系的に貯蔵する取り組みの一環となる。

 

 

EVの使用済みバッテリー再利用方法も開発

 

電力網に統合する研究とは別に、「EUREF-Campus」のバッテリー蓄電ユニットは、アウディが推進する未来のプロジェクトにおいて、さらなる可能性も提供している。

 

アウディのエンジニアは、電力網における据え置き型エネルギー貯蔵ユニットの利用をテストしており、EVの使用済みバッテリー再利用方法を開発中。バッテリーは自動車で使用した後も、充電容量の大部分が維持されるため、再利用して資源を節約することができるという。

 

これに加え、アウディは使用済みの電池モジュールから、効率的にバッテリーをリサイクルする方法も開発している。