初のマイルドハイブリッドを採用、新型「レンジローバー イヴォーク」日本導入

RANGE ROVER EVOQUE

レンジローバー イヴォーク

 

 

特徴的なクーペスタイルのシルエットを継承

 

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグジュアリーコンパクトSUVの新型「レンジローバー イヴォーク」の日本仕様を発表。受注をスタートした。

 

「イヴォーク」は、2011年の発売(日本での発売開始は2012年3月)以来、世界中で累計80万台以上を販売し、210以上の国際的な賞を獲得したラグジュアリーコンパクトSUVのパイオニアと言える存在。今回、初のフルモデルチェンジにより、さらなる進化を遂げた。

 

ひと目で「イヴォーク」とわかる特徴的なクーペスタイルのシルエットを継承しなら、「Reductionism(還元主義)」というデザイン理念を取り入れることで、よりモダンに仕上げられた。最新のテクノロジーと利便性、実用性、そしてランドローバーとしての走破能力により磨きをかけ、ラグジュアリーコンパクトSUVのスタンダードを引き上げるモデルとして誕生したと、ランドローバーは胸を張る。

 

 

特徴的なデプロイアブルドアハンドル

 

エクステリアデザインは、独特の傾斜したルーフラインとリヤに向かって上昇するウエストラインが紛れもなく“レンジローバーファミリー”であることを物語る。

 

また、ドアパネルに格納されるデプロイアブルドアハンドルやシャープな印象を与える超薄型マトリックスLEDヘッドライトが滑らかで美しいボディを際立たせている。エクステリアカラーは「ソウルパールシルバー」と「ノリータグレー」という新色を含め、全13色が展開されている。

 

 

英国のクラフトマンシップが凝縮された室内

 

インテリアにも繊細な英国のクラフトマンシップを凝縮。すっきりとしたサーフェスや最高級のマテリアルで丁寧に仕上げた精巧なデザインも特徴で、さらに2つの10インチ高解像度のタッチスクリーンからなる最新のインフォテインメントシステム「Touch Pro Duo」を備えている。

 

シートカラーには新色の「クラウド」と「ディープガーネット」を追加したほか、素材は従来のレザーに加え、高い耐久性を誇るウール混紡の「クヴァドラ(Kvadrat)プレミアムテキスタイル」や、リサイクル素材を活用した「ディナミカ(Dinamica)スエードクロス」、ユーカリ素材を使った「ユーカリプタス(Eucalyptus)メランジ・テキスタイル」、しなやかな風合いと高い通気性、抗菌性が特徴の「ウルトラファブリック(Ultrafabrics)ポリウレタン」などを揃えている。

 

 

将来の電動化に対応したプラットフォームを採用

 

将来的な電動化に対応した、新設計のプラットフォーム「PTA(Premium Transverse Architecture)」を採用し、ホイールベースを20mm延長。これによりリヤシートのレッグルームやトランクルームが拡張したほか、タブレットやバッグ、ペットボトルなどを収納する十分なスペースも確保した。また「40:20:40」の分割可倒式リヤシートを倒すと、トランク容量は最大1383リットルまで拡大する。

 

ランドローバーが誇る、あらゆる地形・天候にも対応する走破性能も大きく進化。マクファーソン式ハイドロブッシュフロントサスペンション、インテグラルリンク式リヤサスペンションにより、安定した走りと静粛性を実現した。

 

路面状況に応じて最適なサスペンション、トランスミッション、トラクションなどの車両設定を自動制御する「テレイン・レスポンス2(「EVOQUE」初搭載)」、車両の走行状況を常にモニターし、必要に応じて前輪と後輪のトルク配分を瞬時にかつ自然なほど滑らかに調整。同時に燃費を向上させる「アクティブドライブライン」と「エフィシェントドライブライン」を搭載し、快適なドライブを提供する。

 

 

初採用の先進デバイスを数多く搭載

 

利便性と実用性の高い最新機能も搭載。まるでボンネットがないかのように、フロント下180度の視角を確保する「クリアサイト・グラウンドビュー」は世界初の技術。ランドローバーが2014年に発表した「トランスペアレント・ボンネット・テクノロジー」を具現化したものだ。段差のある中央分離帯や、オフロードなど障害のある路面を走行する際にその効果を発揮する。

 

乗員や荷物で後方視界が悪い時に活躍する「クリアサイト・インテリア・リヤビューミラー」(ジャガー・ランドローバー初)も登場。カメラで撮影し、視野角50度の高解像度映像をルームミラーに映し出して視認性を高める機能をもつ。

 

そのほか、ヘッドアップディスプレイ(HUD)、人工知能(AI)アルゴリズムを駆使してドライバーの好みや行動パターンに合わせた設定をサポートする「スマート・セッティング」、ワイヤレス接続で最新のソフトウエアにアップデートできる「SOTA( Software Update Over The Air)」もランドローバー初採用の機能となる。

 

コネクティビティも充実している。離れた場所から車両の情報を確認・操作できる「リモート」を標準装備。スマートフォンのアプリを車両のタッチスクリーンから操作できる「InControlアプリ」、最大8つのデバイスに接続可能な4Gの「Wi-Fiホットスポット」、高画質の2D/3Dマップを表示して快適な移動をアシストする「ナビゲーションプロ」のほか、「Android Auto」や「Apple CarPlay」にも対応している。

 

 

大幅な燃費向上に加え、静粛性も手にしたMHEV

 

エンジンラインナップは、4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(D180)と、4気筒INGENIUMガソリンエンジン(P200、P250、P300 MHEV)を合わせ、全17機種を展開する。

 

ジャガー・ランドローバー初となるマイルドハイブリッド(MHEV)は、48Vバッテリー、「ベルト・インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター(BISG)」、そしてコンバーターを搭載。17km/h以下に減速するとエンジンを停止させ、減速エネルギーを蓄電。そのエネルギーを発進時に動力として活用する。また、渋滞など低速域で走行する際に、静かで効率的な走行を可能とし、燃費も向上する。

 

 

【車両本体価格(税込)】
イヴォーク D180:523万円
イヴォーク S D180:591万円
イヴォーク SE D180:667万円
イヴォーク R-DYNAMIC S D180:642万円
イヴォーク R-DYNAMIC SE D180:700万円
イヴォーク FIRST EDITION D180:821万円

イヴォーク P200:461万円
イヴォーク S P200、528万円
イヴォーク SE P200、605万円
イヴォーク SE P250、646万円
イヴォーク R-DYNAMIC S P250:602万円
イヴォーク R-DYNAMIC SE P250:679万円
イヴォーク R-DYNAMIC HSE P250:747万円
イヴォーク FIRST EDITION P250:799万円
イヴォーク R-DYNAMIC S P300 MHEV:656万円
イヴォーク R-DYNAMIC SE P300 MHEV:733万円
イヴォーク R-DYNAMIC HSE P300 MHEV:801万円

 

 

【問い合わせ先】

ランドローバーコール

TEL 0120-18-5568

 

 

【関連リンク】

・ランドローバー公式サイト

https://www.landrover.co.jp/