BMW X3 M/X4 Mに、クールな「Mパフォーマンスパーツ」登場

2019/06/04 11:55


「M コンペティション」にも対応

 

BMWの人気SAV「X3」と「X4」のハイパフォーマンス仕様「X3 M」と「X4 M」に、エクステリアとインテリアをさらにアグレッシブに変貌させる「Mパフォーマンスパーツ」が登場した。このアクセサリーパーツは「X3 M コンペティション」と「X4 M コンペティション」にも対応する。

 

専用開発された高品質グロス仕上げのカーボンファイバー製「Mパフォーマンスパーツ」は、ベースモデルのエクステリアと完全に調和。“M”独自のエクステリアをスポーティに変化させるだけでなく、エアロダイナミクスも大幅に向上し、軽量化も実現されている。

 

今回、「カーボンファイバーラジエターグリル」「カーボンファイバーエアブリーザー」「カーボンファイバーインサート」、「M Performance」のロゴがプロントされた「ドアシルフィニッシャー」などが用意された。

 

 

モータースポーツで培った経験を積極投入

 

「X3 M」はハイグロスブラック仕上げのルーフエッジスポイラー(写真)が選択できる一方、「X4 M」にもハイグロスブラック仕上げのリヤフィンの装着が可能。すべてのパーツにBMW M GmbHがモータースポーツ活動で培った経験やデータが積極的に投入されているという。

 

また、「BMW LEDドアプロジェクター」は、ドア開閉時に“M”のロゴやその他のグラフィックを車両横の地面に投影することができる。このグラフィカルな照明は、乗降車時の安全性を確保するだけでなく、夜間に独特の雰囲気を作り出してくれる、最近の流行りのひとつだ。

 

 

カーボンファイバーを多用したインテリア

 

インテリアにも「X3 M」と「X4 M」を視覚的にも機能的にも進化させる「Mパフォーマンスパーツ」が数多く用意された。

 

レザー製「Mパフォーマンス・プロステアリングホイール」は、カーボンファイバーのアームとアルカンターラ製ステアリングトリムに、カーボン製のパドルを組み合わせるもの。アルカンターラが採用されたグリップ部分は握りやすいだけでなく、ドライビング時にしっかりとしたサポートを約束。ステアリングの12時位置に“M”を象徴するブルーのマーキングが施されるほか、6時部分には“M Performance”のロゴも刻まれる。

 

この他に、カーボンファイバー製ギヤセレクターノブ、“M Performance”のロゴが入れられたベロア製フロアマットなどもラインナップされている。