ランボルギーニのドライビングツアー「GIRO JAPAN」、北海道の大地を30台以上が疾走!

3度目の「GIRO JAPAN」開催は知床などを巡る3日間

 

アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは、ランボルギーニで北海道・道東のドライビングコースを巡るツアー「GIRO JAPAN」を6月7日(金)から9日(日)まで開催した。

 

このツアーはオーナーが所有するランボルギーニで美しいロケーションを巡るドライビングツアーとして、イタリアをはじめアメリカ、そして中国など世界各国で開催されている。日本では2017年に名古屋・大阪を舞台に初開催され、今回が3度目となる。

 

 

30台以上のランボルギーニが577kmを走行

 

今回の「GIRO JAPAN」では、暖かな日ざしがやわらかく輝きわたる春の北海道、その中でも特に大自然が広がる道東エリアを舞台に、3日間で総走行距離約577kmを達成。30台以上のランボルギーニが北の大地を駆け抜けた。

 

初日に釧路市内で行われた開会式では、釧路市長の蝦名大也氏や釧路警察署長の代理で高野敦氏が挨拶し、安全な走行を願い宮司による安全祈願も執り行われた。その後、華やかな雰囲気のなか「GIRO JAPAN」がスタートしている。

 

 

行く先々で地元住民の注目を集める

 

ドライビングコースは、1日目に道東最大の人口を擁する釧路からスタートして雄大な自然の阿寒湖へ。2日目は日本最後の秘境とも呼ばれ世界自然遺産にも登録された知床や、日本一の透明度を誇る摩周湖などを訪問。3日目には絶景の能取岬や網走などを巡って、自然と文化に触れながらゴール地点となる女満別空港へと向かった。

 

何台ものランボルギーニが連なって走行する様子は圧巻の光景で、ツアーで巡った各地では大勢の地元の方々が笑顔で手を振ってくれるだけでなく、小・中学生がランボルギーニ車両を目を輝かせて見つめるなど心温まるイベントとなった。

 

ランボルギーニでは、今後も風光明媚な日本のドライビングコースを舞台に「GIRO JAPAN」を開催する予定だ。