BMW M8クーペ&コンバーチブルをレーシーに彩る「Mパフォーマンスパーツ」が早くも登場!

BMW M8 Coupe/Convertible

BMW M8クーペ/コンバーチブル

 

 

軽量化とエアロダイナミクス性能の向上

 

発表されたばかりのBMW M8クーペ/M8コンバーチブルに、エクステリアとインテリアをレーシーかつスポーティにアップデートする「Mパフォーマンスパーツ」が登場した。これらのパーツは、ハイパフォーマンス仕様のM8コンペティション クーペ/M8コンペティション コンバーチブルにも対応する。

 

このセグメントのベンチマークとなるべく、BMWはM8クーペ/コンバーチブルにレーシングモデルのM8 GTEで得たノウハウを積極的に投入。この方針は「Mパフォーマンスパーツ」のアクセサリーにも適用されている。

 

BMW M GmbHは、全てのコンポーネンツ開発にあたり、モータースポーツで重要視される軽量化とエアロダイナミクス性能の向上を最優先に掲げた。その上でベースモデルのデザインをさらに進化させている。

 

 

ダイナミックでエレガントなスタイルをレーシーに変貌

 

オプションとして用意されているカーボンパッケージを補完するパーツとして、Mパフォーマンス・カーボンファイバー・エクステリア・コンポーネンツは、M8のダイナミックでエレガントなエクステリアをさらにレーシーに変貌させる。

 

Mパフォーマンス・シル・アタッチメントは、ボディサイドをより伸びやかに見せる視覚効果をもつ一方、Mパフォーマンス・カーボンファイバー・ラジエーターグリルとMパフォーマンス・カーボンファイバー・サイドデコラティブ・グリルは、フロントフェイスをより引き締める効果がある。

 

 

耐久レースから派生したスポーツブレーキパッド

 

カーボンパーツは高品質グロス仕上げとなっており、洗車にも対応するほか、対紫外線と対高温処理も施されている。また、エクステリアパーツではないが、エンジンルームオープン時の迫力を大幅に増加させるMパフォーマンス・エンジンカバーも用意された。

 

Mパフォーマンス・スポーツブレーキパッドは、BMWモータースポーツが耐久レースで使用しているレーシングパッドから派生。制動距離を大幅に縮めるだけでなく、応答性の向上、より高い熱弾力性を実現している。

 

 

カーボン&アルカンターラ製ステアリングホイール

 

インテリアは、Mパフォーマンス・プロステアリングホイール&カーボンファイバーシフトパドルが選択可能。これはカーボンファイバーのアームとアルカンターラ製ステアリングトリムに、カーボン製パドルが組み合わせられるというものだ。

 

アルカンターラが採用されたグリップ部分はフィット感が高く、握りやすいだけでなくドライビング時にしっかりとしたサポートを約束する。ステアリングの12時位置に“M”を象徴するブルーのマーキングが施されるほか、6時部分には“M Performance”のロゴも刻まれている。

 

また、Mパフォーマンス・フロアマットは足元を滑りにくくするだけでなく、ここにも“M Performance”のロゴや“M”の3色が取り入れられた。

 

 

M8専用に製作されたボディカバーが登場

 

今回、M8用として新たに登場したアイテムとして、Mパフォーマンス・インドア・カーカバー・プロテクトがある。ボディにぴったりフィットし、伸縮性のあるポリエステルで作られたボディカバーは、ガレージ駐車時のホコリの付着や不注意による傷から車両を保護する。

 

そのほか、Mパフォーマンス・ホイールバッグも用意。追加のホイールセットの保管や輸送時に重宝するアイテムだ。