ボルボ V60のプラグインハイブリッドモデルに、ベースグレード「Momentum」を追加

Volvo V60 T6 Twin Engine AWD Momentum

ボルボ V60 T6 ツインエンジン AWD Momentum

 

 

PHEVラインナップで最も価格を抑えたモデル

 

ボルボ・カー・ジャパンは、ミッドサイズステーションワゴン「V60」のプラグインハイブリッドモデル「T6 Twin Engine AWD」にベースグレードの「Momentum」を追加した。これまで上級グレードの「Inscription」のみの展開だった「V60 T6 Twin Engine AWD」にベースグレードが加わったことで、プラグインハイブリッドのラインナップ中、最も価格を抑えたモデルが誕生したことになる。

 

プラグインハイブリッドモデル「T6/T8 Twin Engine AWD」は、ガソリンエンジンで前輪、電気モーターで後輪を駆動するAWD車。エンジンと電気モーターの連携により、燃費消費量とCO2排出量を大幅に低減する。そして、2種類の動力源のコンビネーションによって静粛性を保ちながら、電気モーターのアシストによる俊敏な加速やスムーズな発進加速も実現した。

 

バッテリー容量の拡大でEV走行距離がアップ

 

T6とT8に搭載される電気モーターは同一だが、異なる出力のエンジンを搭載。また、リチウムイオンバッテリーは事故の衝撃に耐えるための強固なケースに収納されており、フロアトンネル内に搭載したことで前後重量バランスの適正化と低重心化をもたらした。この結果、バランスの良いハンドリングと優れた快適性も実現している。

 

駆動用リチウムイオンバッテリーの容量も30Ahから34Ahに拡大され、EVモードでの走行距離がアップ。また、WLTCモードによる燃料消費率も大幅に向上している。

 

同時に行われた「V60シリーズ」の仕様変更では、後方死角から近づく車両を知らせる運転支援機能BLISTM(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)に、ステアリングアシスト機能を追加。車線変更や自車線からの逸脱により、隣接車線の後方を走行する車両と衝突する危険が生じた場合、ステアリングを修正し衝突回避をアシストする。

 

また、車線を維持するためにステアリングを穏やかに自動修正し、車線の中央を保持できるよう支援するパイロット・アシスト(車線維持支援機能)に、ステアリングホイールの微振動により運転者に一時解除を知らせる新機能も追加された。

 

 

【車両本体価格(税込)】

V60 T6 Twin Engine AWD Momentum:659万円
 

 
【問い合わせ先】

ボルボ・カスタマーセンター

TEL  0120-922-622

 

 

【関連リンク】

・ボルボ・カー・ジャパン公式サイト


https://www.volvocars.com/jp