「BMW 8シリーズ グランクーペ」発表! スタイルと実用性を両立した美しき4ドアクーペ

BMW 8 Series Gran Coupe

BMW 8シリーズ グランクーペ

 

 

クーペの外観に大人4名がくつろげる広々とした室内

 

BMW8シリーズ・ファミリーに、4ドアスポーツ「8シリーズ グランクーペ」が加わった。低く構えたスポーティな外観をもちながら、広々とした後部座席を備える完全新開発のボディが与えられている。最高の運動性能を実現すべく設計されたパワートレインとシャシーにより、ラグジュアリーセグメントにおいて際立ってユニークな存在となることは間違いない。

 

スポーツドライビングを得意とする運動性能に加え、グランツーリスモとしての快適なロングドライブもこなす高いユーティリティ性を確保。このセグメントでは2ドアクーペから派生した唯一のモデルであり、先に登場した「8シリーズ クーペ/コンバーチブル」同様、耐久レースに投入されている「M8 GTE」と平行して開発された。

 

ボディ構造、パワートレイン、シャシーは、最大限の性能を発揮するように設計。低重心など最適化された重量バランスを確保したほか、アルミやマグネシウム、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の積極的な採用によって軽量化も実現。空力的にも非常に洗練されたパッケージが与えられている。

 

 

リヤの居住性確保を目的にホイールベースを201mm拡大

 

クーペ比でホイールベースが201mm拡大されたことにより、伸びやかで躍動的なフォルムをもつのが特徴。リヤシートはレッグスペース、ショルダースペース、ヘッドスペースともに大幅に拡大している。

 

室内はフロントシートだけでなく、リヤシートでもスポーツカーらしい雰囲気を味わうことができる。スポーツシート、ヴェルナスカレザートリム、パドルシフト付きステアリングホイール、アンビエントライト、インストルメントパネルとドアショルダー用のフルレザートリムを標準で装備する。

 

 

ヘッドレスト一体型のセパレートリヤシート

 

リヤシートはヘッドレスト一体型のセパレート仕様となっており、センター部はあくまでもエマージェンシー用となる。また、「8シリーズ グランクーペ」専用装備としてパノラミックガラスルーフも用意。ルーフのガラス面積は1.5平方メートルを誇り、フロントガラスからリヤウインドウまで連続したクリアな領域を実現している。

 

 

ゴルフバッグ3個を搭載できるトランク容量

 

トランクはオートクロージャーに加えて、ハンズフリーでの開閉も可能。容量は440リットルを確保しており、ゴルフバッグ3個を収容することができる。40:20:40分割可倒するリヤシートを備えているため、フレキシブルにラゲッジスペースを活用することも可能だ。

 

 

3種類のガソリンと1種類のディーゼルをラインナップ

 

ラインナップはデビュー時点で、ガソリンが3車種、ディーゼルが1車種の展開となる。

 

「840i グランクーペ」は最高出力250kW(340hp)、最大トルク500Nmを発揮する3.0リッター直6ガソリンターボを搭載。0–100 km/h加速が5.2秒、Co2排出量は170-168g/km。

 

「840i xDrive グランクーペ」は840iと同じスペックのエンジンを搭載した4輪駆動仕様で、0–100 km/h加速が4.9秒、Co2排出量は179-176g/kmとなる。

 

「M850i xDrive グランクーペ」は、最高出力390kW(530hp)、最大トルク750Nmを発揮する4.4リッターV8ガソリンツインターボを搭載する4輪駆動仕様。シリーズ最高の運動性能となる0–100 km/h加速3.9秒を誇り、Co2排出量は229-226g/kmを計上する。

 

「840d xDrive グランクーペ」は、最高出力235kW(320hp)、最大トルク680Nmを発揮する3.0リッター直6ディーゼルターボを搭載。0–100 km/h加速が5.1秒、Co2排出量は166-162g/km。すべてのモデルに8速ステップトロニック トランスミッションが組み合わせられる。

 

 

「BMW Group #NEXTGen」において世界初公開

 

「8シリーズ グランクーペ」は、6月25日から27日にかけてドイツ・ミュンヘンのBMW Weltで開催されるイベント「BMW Group #NEXTGen」において世界初公開する予定。9月から「840i グランクーペ」「840i xDrive グランクーペ」「M850i xDrive グランクーペ」「840d xDrive グランクーペ」の4モデルでの展開がスタートする。