池沢早人師に訊くスーパーカーブームのウラ側「第2回:ロータス・ヨーロッパで目覚めたんだ」

1970年代に巻き起こった空前のスーパーカーブーム

 

自動車漫画の草分け的存在である『サーキットの狼』。この作品が無ければ『頭文字D』や『湾岸MIDNIGHT』なども生まれなかったのではないか・・・と言われるほどその後世に与えた影響力は大きい。

 

1970年代後半に巻き起こったスーパーカーブームは社会現象となり、子供から大人までを狂喜乱舞させ、現在の自動車文化の礎になったことは間違いない。今回も同作品の生みの親であり、スーパーカーブームの火付け役である池沢さとし(早人師)氏を訪ね、当時のお話を伺った。

 

 

『サーキットの狼』を描くきっかけになったロータス

 

1975年から週刊少年ジャンプで連載が始まった『サーキットの狼』だけど、描くきっかけを与えてくれたのがロータス・ヨーロッパ。主人公の風吹裕矢がライバルとバトルを繰り返しながらプロレーサーを目指していくストーリーなんだけど、やっぱり「柔よく剛を制す」というか、主人公がライバルとバトルをしながら成長するには、多少のハンディキャップを持ちながらもテクニックでカバーできるクルマ、そして現実離れしない程度にポテンシャルを持ったクルマが必要になる。

 

そんな要素を兼ね備えていたのがロータス・ヨーロッパなんだよね。当時、偶然に出会ったロータス・ヨーロッパが真っ赤なボディにホワイトのラインが入っていてものすごくカッコ良かった。その瞬間「主人公が駆るクルマはコレしかない!」ってインスピレーションが沸いたんだ。でも、そのまま使うワケにもいかず、色を逆にしたホワイトのボディに赤いラインが入ったクルマとして登場させた。

 

 

当時、ボクもロータス・ヨーロッパ・スペシャルを手に入れて、週末になると仲間たちと走り回っていたんだけど、直線では300㎞/h争いをしていたフェラーリやランボルギーニには敵わない。でも、峠に行くと気持ちよいほどのコーナリングが楽しめ、まさに主人公が乗るクルマにはピッタリだったね。

 

シートポジションは地面に座っているような低さで、他のクルマでは味わえないレーシーな感覚。ステアリングはシャープで自分が思った方向に向きを変えてくれる。軽量なボディに1.6リッターのエンジンをミッドシップしていたこともあって、自分を中心にクルマが向きを変えてくれるのは快感だったよ。

 

でも、車高が低すぎて何度もロワアームを曲げた。この経験は『サーキットの狼』作中にも描いているけど、そこはノンフィクションというかドキュメント(笑)。1.6リッターの直4エンジンでV12エンジンを積んだスーパーカーと渡り合える「夢」と「希望」が詰まったロータス・ヨーロッパに出会ってなければ、『サーキットの狼』は生まれてなかったと思う。

 

 

Lotus Europa

ロータス・ヨーロッパ

 

GENROQ Web解説:ロータス・ヨーロッパとは?

 

エンツォ・フェラーリ、フェルディナント・ポルシェ、フェルッチョ・ランボルギーニと共に、スーパーカーを作り上げた四天王として名を馳せるコーリン・チャップマン。そのルーツは、チャップマンが当時交際していた女性の自宅裏にあったガレージから始まった。

 

バックヤードビルダーとしてオースチン7をベースに生み出された初号機は“ロータス”と名付けられ、地元のレースで活躍を果たす。そして1950年代からは本格的なフォーミュラカーの製造に参入し、最終的にはフォーミュラ1へとたどり着く。

 

チャップマンはロータス・セブンを始めとする数多くのライトウェイトスポーツを生み出し、1966年に登場したロータス・ヨーロッパ(タイプナンバー46)はY型のバックボーンフレームとFRP製のボディを組み合わせることで、軽量かつミッドシップという画期的なスタイルを実現。ブラッシュアップを施しながら進化を続けたヨーロッパは1972年に登場したヨーロッパ・スペシャルで最終完成形となる。

 

 

最終モデルのヨーロッパ・スペシャルは1558ccの排気量を持つ直列4気筒DOHCエンジンを搭載。ビッグバルブと呼ばれるパワーユニットはインテークバルブの大型化などのチューニングが施され、126psの最高出力を発揮して軽量なミッドシップ・スポーツを気持ちよく加速させる。

 

ドライブした第一印象はミッドシップレイアウトによるシャープなハンドリングだ。エンジンの搭載位置を低く抑えることができるY字型のバックボーンフレームと、専用に設計されたダブルウィッシュボーンとラジアスアーム×ロワトランバースリンクのサスペンションにより、オン・ザ・レールのごとく切れ味の鋭い走りはサーキットや峠で実力を見せつける。

 

 

大排気量を誇るフェラーリやマセラティにも負けない運動性能にはバックヤードビルダーとしての矜持が込められ、今もなお数多くのエンスージアストの心を魅了するスーパーカーブームの中心として人気を誇るロータス・ヨーロッパ。その存在なくして、現在のロータスは存在し得なかったといっても過言ではない。

 

 

TEXT/並木政孝(Masataka NAMIKI)

 

 

【関連記事】

・池沢早人師に訊くスーパーカーブームのウラ側「プロローグ:最初はクルマ好きじゃなかった」

https://genroq.jp/2019/06/27327/