ドイツのチューナー“ノヴィテック”「フェラーリ 812 スーパーファスト」を840hpにパワーアップ!

NOVITEC Ferrari 812 Superfast

ノヴィテック フェラーリ 812 スーパーファスト

 

 

最新F1マシンから取り入れられた空力処理

 

フェラーリを中心にチューニングカーを展開する、ドイツのノヴィテック(NOVITEC)が「フェラーリ 812スーパーファスト」の最新チューニングプログラムを発表した。グラマラスなワイドボディ、新型鍛造アルミホイール、840hpの出力から最高速度345km/hを発揮するエンジンチューンなど、そのメニューは多岐にわたる。

 

ハイライトは何と言っても、スーパースポーツのエクステリアにさらなる迫力を加えたN-LARGOボディワークだろう。カーボンファイバー製ワイドフェンダーにより全幅は14cm拡大。最新のF1マシンからインスパイアを得た形状により、空力効率は大幅に向上している。

 

 

風洞実験により決められたエアロ形状

 

フロントとリヤフェンダーのバージボード処理は、エアを効率的にリヤへと流す効果をもつ。フロントとリヤの乱流を防ぐ効果を持つカーボン製ロッカーパネルは、マット仕上げ・グロス仕上げからチョイスすることが可能。カーボン製スポイラーは風洞実験により形状が決められており、リフト量を減少させ、操縦安定性を向上させる。

 

ディフューザーが大型化され、高速域でのダウンフォース増加をもたらす大型リヤウイングを装着。さらにルーフスポイラーリップを組み合わせることで、アッパーボディのエアフローも最適化されている。

 

 

ベースモデルのデザインを崩さずに拡幅化

 

デザインを担当したヴィットリオ・ストロセクは、812スーパーファストのボディワークから違和感なく全幅をワイド化させており、オリジナルデザインを崩すことなくシームレスなボディへの取り付けに成功した。

 

フェンダーの大型化により、フロント21インチ・リヤ22インチの“NF 10 NL”ハイテック鍛造アルミホイールを装着することが可能になった。美しい細身の5本ダブルスポークを採用したこのホイールは、アメリカのホイールメーカー・ヴォッセ(Vossen)と共同開発。デザインだけでなく、軽量構造と強度を高いバランスで実現した。

 

 

新ECUマッピングにより最高出力840hpを実現

 

6.5リッターV型12気筒自然吸気ユニットは、ECUに新しいマッピングを採用したことで最高出力618kW(840hp)、最大トルク751Nmを発揮。最高速度は345km/h、0-100km/h加速2.8秒の性能を誇る。ノヴィテックはエンジンのベンチテストに加え入念なロードテストも行なっており、その扱いやすさに自信を見せている。

 

足まわりにはノヴィテック製スポーツスプリングを装着し、ベースから35mmローダウン化。地下駐車場などでの扱いやすさも考慮し、ボタンひとつで車高を40mm上げることが可能な油圧式フロントリフトシステムを採用している。このシステムは車速が80km/hに達すると、自動的に元のポジションに戻される。

 

エクステリアに加えて、インテリアのカスタマイズも可能。カスタマーの好みに合わせ、レザー、アルカンターラ、カーボンなど、カラーや素材に拘った独自のインテリアを作り出すことができる。