FCAジャパン、メーカー保証終了後の2年間延長保証を大幅に充実


延長保証も新車購入時のメーカー保証と同等の内容に

 

FCAジャパンは、同社が取り扱うブランド「アルファロメオ」「フィアット」「アバルト」「ジープ」の全車種において、新車登録後3年間のメーカー保証が終了した後の2年間をカバーする延長保証の内容を大幅に充実すると発表した。この新しい延長保証内容は、7月1日から実施される。

 

延長保証に関して、従来は機能的故障に一部対象外の項目があったが、その制限を取り除くことになった。今後は延長保証でも、新車から3年間のメーカー保証同様の範囲まで拡充し、保証される。この結果、FCAが取り扱う全ブランドに関して、従来以上に安心して、追加費用を心配せずに所有できることになった。

 

今回の延長保証の変更に関して、FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長は次のようにコメントした。

 

「FCAジャパンが販売する車両は、すべて世界最先端の技術に基づいて生産されており、厳格な品質検査に合格した上で市場に届けられています。この実績に基づき、お客様に一段上の安心感をお届けすべく、延長保証も新車購入直後のメーカー保証と同等の内容としました」