TOYOTA GAZOO Racing、2020年から「GR スープラ GT4」の販売をスタート!

公開日 : 2019/07/04 15:44 最終更新日 : 2019/07/04 15:46


GR Supra GT4

GR スープラ GT4

 

 

ジュネーブ発表の「GT4コンセプト」を市販化

 

TOYOTA GAZOO Racingは、カスタマーモータースポーツ参戦車両の「GR スープラ GT4」を2020年から販売すると発表した。3月のジュネーブ・モーターショーで発表された「GR スープラ GT4 コンセプト」への反響が非常に大きく、6月のニュルブルクリンク24時間レースでの「GRスープラ」参戦を踏まえ、販売が決定された形だ。

 

トヨタ/TOYOTA GAZOO Racingは、モータースポーツの底辺拡大、モータースポーツ参戦から得られるフィードバックによる車両開発促進を目指しており、今後もカスタマーモータースポーツ活動への関与をさらに深めていくという。

 

 

トヨタモータースポーツGmbHが開発・製造を担当

 

「GR Supra GT4」は、今年から販売を開始したTOYOTA GAZOO Racing初のグローバルモデル「GRスープラ」をベースとしたレース仕様車。トヨタモータースポーツGmbH(Toyota Motorsport GmbH)が開発・製造を担当する。

 

GT4規定は、低コストで気軽に参戦しやすいことから、世界中のプライベートチームから高い人気を得ているカテゴリー。日本のスーパー耐久シリーズ、欧州のGT4欧州シリーズやVLN(ニュルブルクリンク耐久シリーズ)、米国のミシュランパイロットチャレンジシリーズなど、世界中のさまざまなレースに参戦することが可能だ。

 

「GRスープラ」は既に北米のNASCARエクスフィニティ・シリーズに参戦しているほか、2020年からは日本のスーパーGT GT500クラスへの参戦を予定。新たに「GR スープラ GT4」が加わることで、グローバルに「GRスープラ」のモータースポーツプログラムが拡大することになる。

 

 

ラベノール、ピレリ、アクラポビッチが技術パートナーに

 

また「GR スープラ GT4」の投入に向けて、「ラベノール」「ピレリ」「アクラポビッチ」の3社と技術パートナー契約を締結。ラベノールとは潤滑油、ピレリとはタイヤ、アクラポビッチとはモータースポーツ専用エギゾーストシステムに関する開発・協力関係を進めていくことになる。

 

「GR スープラ GT4」に関する詳細なスペック、販売価格、販売地域、販売時期については、年内の発表を予定している。

 

 

【SPECIFICATION】

GR スープラ GT4

ボディサイズ:全長4460 全幅1855 全高1250mm
ボディ構造:ロールケージ付スチールボディ
フロントスポイラー:天然繊維コンポジット製
リヤウィング:天然繊維コンポジット製
燃料タンク:クイックチャージャー付レース専用
ドライバーズシート:FIA基準レーシングシート

エンジン:直列6気筒ツインスクロールターボ
総排気量:2997cm3
トランスミッション:スポーツオートマチック リヤ駆動
潤滑油:ラベノール
排気システム:アクラポビッチ
フロントサスペンション:マックファーソンストラット
リヤサスペンション:マルチリンク
ステアリング:電動式パワーステアリング
タイヤ:ピレリ
ホイール:5穴式 11×18インチ