グッドイヤーのオンオフを問わぬ4WDタイヤ「WRANGLER DURATRAC」発売

グッドイヤー_ラングラー_デュラトラックの写真

GOODYEAR WRANGLER DURATRAC

グッドイヤー ラングラー デュラトラック

 

 

寒冷地での性能を約束する「スノーフレークマーク」を獲得

 

日本グッドイヤーは、8月5日からオンロードやオフロードを問わずアクティブに活動するユーザーに向けた4WD用タイヤ「WRANGLER DURATRAC(ラングラー デュラトラック)」を発売した。販売サイズ展開は14サイズ、価格はオープンとなっている。

 

「WRANGLER DURATRAC」の主な特徴は次の通り。

 

溝の形状を最適化し、悪路や深い雪でのトラクションを確保するトラクティブ・グルーヴ・テクノロジーを採用。前後・左右のトラクションや剛性を確保する高角度センター・ブロック・デザインは、ロードノイズの抑制にも貢献する。砂・砂利・泥などを効率よく排出し目詰まりを防止することで、常に最適なトラクションを確保するセルフ・クリーニング・ショルダー・ブロック・デザインも装備する。

 

そして、世界最大の民間・非営利の国際標準化・規格設定機関である“ASTM”による、スノーフレークマーク(Snow Flake Mark)を獲得。これは“ASTM”の公式試験により、極めて厳しい寒冷地でも十分な性能を発揮することが認証された証。日本でも冬タイヤ規制時、走行可能な冬用タイヤとして認められている認証となっている。

 

 

【関連リンク】

・日本グッドイヤー公式サイト

https://www.goodyear.co.jp/