「ステルヴィオ」が魅せるアルファロメオ製ディーゼルの洗練されたスポーツマインド

ALFA-ROMEO STERVIO 2.2TURBO DEASEL Q4

アルファロメオ ステルヴィオ 2.2ターボ ディーゼル Q4

 

 

スポーティブランドが再定義するディーゼル

 

日本におけるディーゼルエンジンの評価は今なお定まっているとは言い難い。古くからのイメージを引きずっている人にとっては、ディーゼルは黒い煙を吐くトラック用のエンジンに過ぎない。

 

一方クルマ好きの目にはここ10年ほどのディーゼルは「ヨーロッパで人気」という触れ込みも手伝ってなかなか魅力的に映っている。ヨーロッパではガソリンと軽油の価格はほぼ同じなので、旨味は燃費の部分にしかないが、我が国では今なお軽油のほうがレギュラーガソリンよりもリッターあたり20円ほど安いという価格的なメリットもあるのだ。

 

だが昨今、ヨーロッパからは排気ガス規制の厳格化によりディーゼル人気に陰りが見えてきたという話が頻繁に聞こえてくる。そんな混沌としたディーゼル・シーンに差し込んだ一筋の光が、スポーティブランドのディーゼル参入だろう。イタリアのアルファロメオやマセラティ、イギリスのジャガーといったスポーツブランドからターボディーゼルモデルが登場し、ディーゼルの魅力を再定義しようとしているのである。

 

 

国内では1年待たされたステルヴィオの真打

 

アルファロメオ初のSUVであるステルヴィオはDセグメント・セダンであるジュリアとプラットフォームを共有するモデル。直接的なライバルがBMW X3であるといえばサイズ感を理解しやすいはずだ。

 

ステルヴィオの本邦デビューは今から1年近く前で、ファーストエディションのパワーユニットは2リッターの4気筒ターボのみだった。だがすぐにフェラーリ製2.9リッターV6ターボを搭載するフラッグシップモデルであるクアドリフォリオが導入され、今年になってからアルファロメオとしては最も意外な、しかし真打ともいうべき2.2リッターのターボディーゼルモデルも導入されている。

 

 

ガソリンモデルに似た部分と似ていない部分

 

スタイリングや室内の使い勝手等は既に色々と語られていることなので、今回はアルファロメオが「スポーツディーゼルエンジン」と呼ぶ2142ccの新型エンジンを中心にインプレッションしてみようと思う。

 

エンジンを始動させた瞬間の「ガラガラッ」というノイズはそれなりに盛大だが、一方加速しはじめの“ディーゼルノック”に関しては皆無で、非常に静かといっていい。加速感もまた、ノイズの静かさと印象が似ていた。具体的には、アイドリングのすぐ上あたりでドカンとくるはずのディーゼルらしい低速トルクがさほど強く感じられないのである。音といいトルクの出方といい、最新のディーゼルエンジンの性格はガソリン・ユニットのそれに近くなっているのだ。

 

 

気がつけばスピードがのっている俊足ぶり

 

しばらく山道を走らせていて「あるはずのものがない」ことに気が付いた。クルマ自体の重量感が希薄なのだ。ガソリンのステルヴィオは山道でトバして走れば、SUVらしからぬアルファロメオらしい身のこなしを見せるのだが、発進加速では1810kgという額面通りの重さを感じる。

 

ところがガソリンよりも10kgだけ重くなっているというターボディーゼルモデルにはその一瞬のストレスがない。これまでのターボディーゼルとは違って“ドカン”がないかわりに、最新の電子制御バリアブルジオメトリーターボや賢い8速ATのシームレスな仕事ぶりにより、気づいたときには思いのほかスピードが出ているのである。

 

排気音やトルクが演出する加速感よりも実スピード重視(?)。イタリアというよりドイツ的な動力性能こそが、アルファロメオのスポーツディーゼルエンジンが作り出した新たなスポーティ感なのである。

 

 

ディーゼルエンジンはハンドリングにも効く

 

とはいえ重い車重をなかったことにしてくれるトルク性能という方向性自体は、その他大勢の最新ディーゼルモデルと同じといえば同じ。そこで今一度「アルファならでは」の部分に注視してみると、ターボディーゼルのステルヴィオはガソリンモデルに比べ実にハンドリングがしっとりとしていることに気が付いた。

 

車重に関しては10kg増しだというが、感覚的にはフロントが30kgくらい重そうな印象で、そのおかげでドライバビリティ全体にオトナっぽい落ち着きが感じられる。

 

オトナっぽいとはいえ、ステルヴィオの基本的なハンドリングはアルファロメオの伝統的なシャープさを備えているので、スタビリティ重視のドイツブランドのSUVあたりと比べればドライバーを楽しませてあげようという気概は十分に感じられるので心配はいらない。

 

さらに言えば、ターボディーゼルのスロットルレスポンスはガソリンに比べて少し角が取れた印象なので、ハイスピードで長距離をこなすというディーゼルモデル本来の使い方をした場合にストレスがない点も優秀といえる。ステルヴィオのディーゼルは、しっとりオトナのスポーツSUVとして完成されているのである。

 

 

ディーゼルはステルヴィオのベストバイか?

 

クルマに何を求めるかは人それぞれだが、ステルヴィオのボディ形式や使い勝手の高さを考えれば、ひとりでワインディングを飛ばして走るというシチュエーションは副次的な要素であり、やはりメインとなるのは週末に4〜5名乗車、荷物満載のロングドライブに違いない。

 

そんなステルヴィオのベストバイを決めるのであれば、ドライブフィールにおいても経済的にもステルヴィオ2.2ターボディーゼルQ4推しであることは言うまでもない。

 

もちろんステルヴィオの王様であるクアドリフォリオが相手なら少し展開も違ってくると思うが、クアドリフォリオはターボディーゼルとは対照的なインパクト強めのスプリンターなので、性格的にも価格的にもこの2台で迷うことはないと思う。

 

ハナっからスポーティなアルファロメオにオトナっぽい洗練をプラスする。新開発のターボディーゼルは、老舗スポーティブランドが提案する新たな個性なのである。

 

 

REPORT/吉田拓生(Takuo YOSHIDA)

PHOTO/市 健治(Kenji ICHI)

 

 

【SPECIFICATIONS】

アルファロメオ ステルヴィオ 2.2 ターボ ディーゼル Q4

ボディサイズ:全長4690 全幅1905 全高1680mm
ホイールベース:2820mm
トレッド:前1610 後1650mm
車両重量:1820kg

エンジン:直列4気筒ディーゼルターボ
総排気量:2142cc
ボア×ストローク:83.0×99.0mm
圧縮比:15.5
最高出力:154kW(210ps)/3500rpm
最大トルク:470Nm/1750rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:AWD

ステアリング形式:電動アシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式:前ダブルウイッシュボーン 後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:前後235/60R18

車両本体価格:617万円(税込)

 

【問い合わせ】

Alfa Contact

TEL 0120-779-159

 

【関連リンク】

・FCAジャパン公式サイト

https://www.fcagroup.jp