プレステージサルーン「ジャガー XJ」、新型モデルはフルバッテリーEV化が決定

2020年以降すべての車種に電動モデルの選択肢

 

ジャガー・ランドローバーは、英国ミッドランド州のキャッスル・ブロムウィッチ工場で電気自動車(EV)を製造する計画を発表。今回の発表は2020年以降、ジャガーとランドローバーの全モデルに電動モデルを設定するという計画に向けた重要なステップとなる。

 

ジャガー・ランドローバーの最高経営責任者(CEO)を務めるラルフ・スペッツ博士は、今回の発表について以下のようにコメントした。

 

「将来のモビリティは確実に電動化に向かっており、明確なビジョンを持つ英国企業としてジャガー・ランドローバーは英国で次世代のゼロエミッション車両を生産していくことを約束します。電気自動車の製造と、電気駆動システム(EDU)、バッテリーアッセンブリーを同じ場所に集約することで、英国ミッドランド州を電動化の拠点とします」

 

 

革新を続けてきたフラッグシップサルーンが電動化

 

キャッスル・ブロムウィッチ工場で製造される最初の新型EVは、ジャガーのフラッグシップサルーン「XJ」となる。過去50年間にわたりビジネスリーダー、著名人、政治家、王室など多くの人々から愛されて現在8世代目となる「XJ」は、英国で設計・開発、製造されて120カ国以上に輸出してきた実績を持つ。

 

50年もの間、様々なイノベーションを生み出してきた「XJ」は高い評価を得てきたが、新型「XJ」でも先代譲りの優美なデザイン、インテリジェントなパフォーマンス、人々を魅了するラグジュアリーさなどの特徴を受け継いでいるという。

 

新しいフルバッテリーEVの開発はワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2019にも選出された、世界初の電動駆動SUVであるI-PACEを手掛けたデザインチームと製品開発のスペシャリストたちが担当する。

 

 

電動化への投資で数千人規模の新規雇用創設

 

この電動化への大規模な投資により、英国において数千人規模の雇用を創出する。ジャガー・ランドローバーは2019年1月に新たな施設と既存施設に投資を行なっており、バッテリーとEDUのアッセンブリーを英国ミッドランド州で行う計画を表明した。

 

2020年に新たに稼働予定のハムズホールのバッテリー・アッセンブリー・センターは英国で最も革新的で最先端技術を集結させた施設となる予定で、15万ユニットの生産能力を誇る。ジャガー・ランドローバーのEDUグローバル拠点であるウルバーハンプトンのエンジン・マニュファクチャリング・センター(EMC)とともに、ジャガーとランドローバーの次世代モデルの生産を支えることになる。

 

キャッスル・ブロムウィッチ工場には、7月後半にもジャガー・ランドローバーの次世代アーキテクチャーであるModular Longitudinal Architecture(MLA)に必要となる新設備と技術を導入。MLAはジャガー・ランドローバー独自に設計・開発が行われており、フルバッテリーEVやハイブリッドモデルだけでなく、クリーンで効率的なディーゼルやガソリンモデルにも活用できるプラットフォームだ。

 

 

英国内にEV生産施設を集約させるメリット

 

スペッツ博士は英国にEV拠点を構築するメリットを以下のように説明する。

 

「私たち全員が必要とするレベルまでEVを進化させるには、高い利便性とリーズナブルな価格であることが重要な条件となります。従来の給油と同じくらい簡単に充電できるようにならなくてはなりません。求めやすい価格は、車両製造工場に近い英国内でバッテリーを生産すれば、海外からの輸送コストとリスクを回避できるため、成し遂げられると確信しています」

 

「英国には原材料があり、大学では研究が行われ、サプライヤーの基盤も確立しています。英国は最先端モビリティの開発・製造の拠点となり雇用を創出することも実現できるのです」