「ベントレー ベンテイガ」が英国の老舗テーラー“ハンツマン”とコラボ、リヤシートにはチェス盤を備える

Bentley Bentaygas “Huntsman”

ベントレー ベンテイガ “ハンツマン”

 

 

映画『キングスマン』にも登場した老舗テーラー

 

ベントレーを取り扱う老舗ディーラーのジャック・バークレーは、ロンドンはサヴィル・ロウの著名なテーラー「ハンツマン(Huntsman)」によって仕立てられた2種類の特別なベンテイガを発表した。ベントレーと「ハンツマン」はどちらも1919年に設立して今年記念すべき100周年を迎えており、今回ベントレーのビスポーク部門であるマリナー(Mulliner)と老舗テーラーとのコラボレーションが実現した。

 

「ハンツマン」は人気スパイアクションムービー『キングスマン』において、コリン・ファース演じる秘密エージェント、ハリー・ハートが勤めるテーラーとしても知られている。

 

 

グレゴリー・ペック愛用のツイードを使用

 

スポーツマン(Sportsman)とビジネスマン(Businessman)と呼称される2台の特別なベンテイガは、それぞれ異なるカスタマーのライフスタイルを反映している。どちらにもベントレーの特徴的なカラートリムに「ハンツマン」が手がけた英国調のファブリックを組み合わせた。そのデザインは「ハンツマン」の100周年を記念し、グレゴリー・ペックが使用していたコートから着想されたPeck 62を採用している。

 

Peck 62は、ハリウッドスターのグレゴリー・ペックが1962年に「ハンツマン」に依頼して制作されたスポーツコートに使われたツイードで、これをグレゴリーの息子アンソニー・ペックの許可を得て再現したもの。グレゴリー・ペックは生涯を通じて「ハンツマン」を愛用していたという。

 

 

「ビジネスマン」のリヤにはチェス盤を装備

 

スポーツマンは、リラックスした英国のカントリーサイドをイメージ。キャンディレッドのエクステリアカラーに、インテリアはインペリアルブルーレザーとリキッドアンバーベニア・インサートが組み合わされた。一方、都会的でシックなビジネスマンは、ボディカラーにディープブラックアントラシートとアントラシートサテンの2トーンを採用。インテリアはツイード生地に、アクセントとしてカーボンファイバーが取り入れられている。

 

ビジネスマンのリヤシートには、マリナ―がオーダーメイドで製作したチェス盤が装着されている。また「ハンツマン」のファブリックでトリミングされた引き出しも備えられており、ここにチェスの駒を収納することができる。このチェス盤はジャック・バークレーのショールームのチェッカボードフロアをイメージしたもの。また、リヤのシートレストにはジャック・バークレーとハンツマンのロゴも刺繍さている。

 

 

購入したオーナーには特別なハンツマンのジャケットも

 

ベントレーのマリナー部門デザインディレクターを務めるステファン・ジーラフは、今回のコラボレーションについて以下のようにコメントした。

 

「ロンドンの中心部において長い伝統を持つふたつのブランド、ジャック・バークレーと『ハンツマン』がコラボレーションしたことを嬉しく思います。マリナーで行われたビスポーク車両の製作は、完璧なテーラードスーツを作ることによく似ています。そういった意味でも、ベンテイガの豪華で美しいインテリアに『ハンツマン』によるオーダーメイドの素材を加えるのは、理にかなっていると言えるでしょう」

 

これらのベンテイガを購入したカスタマーは、特別に仕立てられた「ハンツマン」のオーダーメイドジャケットを受け取ることになる。 このツイード・ジャケットにはベントレー専用のラインが入れられている。

 

「ハンツマン」のオーナー、ピエール・ラグランジュも、今回のコラボレーションに喜びを隠さない。

 

「ベントレーの100周年、そして『ハンツマン』がサヴィル・ロウに店を開いてから100年という記念すべき年にジャック・バークレーと共に仕事ができたことを嬉しく思います。ベントレーは時代を超越した英国価値を体現しているブランドです。我々と同様にオーダーメイドの職人技、そして細部へのこだわりを大切にしているのです」