アストンマーティン「DBS GT ザガート」、最終仕様のイメージスケッチを公開

Aston Martin DBS GT Zagato

アストンマーティン DBS GT ザガート

 

 

ザガートをオマージュし、わずか19台を限定生産

 

アストンマーティンは「DBS GT ザガート」の最終生産仕様のエクステリアを垣間見れるイメージスケッチを公開した。

 

「DBS GT ザガート」と「DB4 GT ザガート コンティニュエーション」の2台から構成される「DBZセンテナリーコレクション」は、わずか19台のみが製造され販売価格は2台で600万ポンド(約8億円)を予定。今回発表された最新版のイメージスケッチは、「DBS GT ザガート」を構成する主要なデザイン要素の一部を明かしたものとなる。

 

「DBS GT ザガート」はアストンマーティン史上もっともパワフルな量産車で高い評価を受けているDBS スーパーレッジェーラをベースに製作。1960年代に製造されたアイコン的モデル、DB4 GT ザガートの官能的なフォルムにインスピレーションを得たそのデザインは、アストンマーティンとザガートのデザイナーが協力して集中的な作業を続けた結果、その美しいフォルムを現代へと蘇らせることに成功した。

 

 

エンジン始動で形状を変えるダイナミックグリル

 

フロントセクションでは、新たにデザインされたダイナミックグリルが大きな特徴となる。駐車時はこのグリルに備わる108個ものダイヤモンド形状をもつカーボンファイバー製ピースがフラットな面を構成し、フロントエンドに美しいシルエットを生み出す。ひとたび「DBS GT ザガート」を始動するとそれぞれのピースが開き、搭載されているツインターボV12エンジンにエアを供給する。

 

アストンマーティン・チーフ・クリエイティブ・オフィサーのマレク・ライヒマンは「DBS GT ザガート」のデザインについて次のようにコメントした。

 

「このモデルは、美しさにだけではなく、ドラマチックな特性にも焦点を当てて開発しました。新しいダイナミックグリルは、ふたつのまったく異なるアイデンティティを与えています。停車時にこのクルマをフロントから眺めると休んでいるようにも見えますが、リヤから眺めると力強く、今にも動き出しそうな印象を与えます。一旦エンジンを始動すれば、そのパフォーマンスを解き放つ準備を始めて、その官能的なサウンドとスタイルで見る者を魅了するのです」

 

 

カメラで車両後方を映像化するルームミラーを採用

 

リヤセクションには、車両後方までをカバーするカーボンファイバー製のルーフを装着。アストンマーティンのデザイン・スタジオは、このルーフに対応するためカメラによって車両後方映像を映し出すルームミラーを採用した。

 

一般的にリヤウインドウが配置される場所はシングルピースの大型カーボンファイバールーフでカバー。こうして実現したルーフラインはシンプルで純粋な美しさを表現したデザインだが、ドライビング時に妥協を強いられることは一切ないという。

 

「スタイルと機能は常に相反する要素といえますが、『DBS GT ザガート』のルーフは最新のテクノロジーを活用すればどちらの要素も妥協することなく両立できるという良い例です。私たちのチームにとって、オリジナルのDB4 GT ザガートと同じくらい美しいクルマを開発することが重要でした。このモデルでそれを達成することができたと確信しています。生産されるのが今から楽しみです」と、ライヒマンは付け加えた。

 

「DBS GT ザガート」は2020年から生産が開始され、今年からアストンマーティンワークスで製作される19台の「DB4 GT ザガート コンティニュエーション」と共にカスタマーに納車される予定だ。