空中を舞台にした新たなレースカテゴリーが登場! 2020年からスタート

Airspeeder Mk IV

エアスピーダー Mk IV

 

 

グッドウッド会場においてシリーズをローンチ

 

英国で7月4日から開催されていたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにおいて、新たなレースシリーズ「エアスピーダー・グランプリ(Airspeeder Grand Prix)」の発表会が行われた。

 

フューチャーラボに数千人を集めて行われた発表会にFIAのジャン・トッド会長が参加し、エアスピーダーを立ち上げたマット・ピアソンCEOを紹介。ピアソンCEOは、この新カテゴリーで採用される新たなテクノロジーやシリーズ設立に向けた哲学などを語っている。

 

 

今年末にも有人パイロットによる飛行を計画

 

「エアスピーダー」のブースには、世界初の有人オクトコプターとなる「エアスピーダー Mk IV」の原寸大モデルを空中展示。さらにVR機能を備えたシミュレーターでは実際のレーサーがどのようなレースを繰り広げられるかを体験させた。会場では今回のグッドウッドにおいて初公開されたプロモーションフィルムも放映されている。

 

現在、スケールモデルの「エアスピーダー Mk IIプロトタイプ」によるテストが続いており、今年末にはアメリカ・モハベ砂漠での有人デモ飛行も予定。2020年からはレースシリーズをスタートするとしている。

 

 

安全な空中移動手段の開発・実験の場にも

 

ピアソンCEOは、このエキサイティングな新シリーズについて以下のように説明した。

 

「私たちはジャン・トッド氏が我々のブースを訪問してくれたことを嬉しく思います。 彼はこの新しいモータースポーツに大きな関心を示してくれました。メディア、ゲスト、そして他の出展者からの反応も驚くべきものでした。彼らに我々の持つ技術力、レース形式、将来的に空中移動に対してどれだけ貢献できるかを説明することができました」

 

「グッドウッドでの4日間、非常に多くのファンにアピールできたことは驚くべきことです。グッドウッドのオーガナイザー、我々のパートナーであるDHLらのサポートがなければ実現できなかったでしょう。いよいよ、アイデアからリアルな世界へと進むことができたと実感しています」

 

「エアスピーダー・グランプリ」は、フォーミュラEのレースフォーマット、エアレースのドラマ、F1グランプリの精神を取り入れたシリーズとなる。同時に将来的に導入されるであろう、安全な空中移動手段の開発・実験の場にもなるという。

 

 

8個の50kWモーターにより最高速度は200km/h

 

シリーズスタート当初は、5つのチームから10名のパイロットが参戦。レースは約30分間で争われ、バッテリー交換のために1回のピットストップを義務付けるとみられている。開催地は世界中の有名都市を想定しており、テレビやネットによる世界規模のライブ中継も計画している。

 

レースに使用される有人オクトコプター「エアスピーダー Mk IV」は、長さ4m、重量約250kg。60インチブレードを駆動する8個の50kWモーターを装備し、交換可能な500kWリチウムイオンバッテリーパックを搭載。最高速度は200km/hにまで達する。安全装備として、パイロットの視界外をコクピットに映し出す映像システムや衝突回避システムも採用された。